3代安寧天皇

スポンサーリンク

3代 安寧天皇

現代語

師木津日子玉手見命(シキツヒコタマテの命)は、片鹽浮穴宮(かたしほのうきあなのみや)に都を定め、天下を治められました。

安寧天皇(師木津日子玉手見命)が、河俣毘賣(カハマタビメ)の兄の縣主波延(アガタヌシノハエ)の娘の阿久斗比賣(アクトヒメ)を娶って生まれた御子は、

  • 常根津日子伊呂泥命(トコネツヒコイロネの命)
  • 大倭日子鉏友命(オホヤマトヒコスキトモの命)
  • 師木津日子命(キシツヒコの命)の三人で、

次の天下は、二男の大倭日子鉏友命が治められました。

 

三男の師木津日子命の子は二人おられ、一方は

  • 伊賀須知之稻置(いがのすちのいなき)
  • 那婆理之稻置(なばりのいなき)
  • 三野之稻置(みののいなき)

らの祖です。

もう一方は和知都美命(ワチツミの命)で、淡道之御井宮(あはぢのみゐのみや)に住まわれました。

この子には二人の娘があり、

  • 長女は蠅伊呂泥(ハヘイロネ)と云い、又の名は意富夜麻登久邇阿禮比賣命(オホヤマトクニアレヒメの命)といいます。
  • 妹は蠅伊呂杼(ハヘイロド)といいます。

安寧天皇は49歳でお亡くなりになり、御陵は畝火山(うねびやま)の美富登(みほと)にあります。

原文

師木津日子玉手見命、坐片鹽浮穴宮、治天下也。此天皇、娶河俣毘賣之兄、縣主波延之女・阿久斗比賣、生御子、常根津日子伊呂泥命自伊下三字以音、次大倭日子鉏友命、次師木津日子命。此天皇之御子等、幷三柱之中、大倭日子鉏友命者、治天下也。次師木津日子命之子、二王坐、一子孫者伊賀須知之稻置、那婆理之稻置、三野之稻置之祖、一子、和知都美命者、坐淡道之御井宮、故此王有二女、兄名蠅伊呂泥・亦名意富夜麻登久邇阿禮比賣命、弟名蠅伊呂杼也。天皇御年、肆拾玖歲。御陵在畝火山之美富登也。

簡単な解説

片鹽浮穴宮(かたしほのうきあなのみや)

奈良県大和高田市片塩町15−33。近鉄南大阪線の高田駅の北、徒歩2分ぐらいのところでしょうか。

畝火山の美富登(みほと)

畝傍山の西南、橿原神宮からみると山の反対側に安寧天皇の畝傍山西南御陰井上陵があります。

美富登、御陰。どちらも「みほと」と読みます。ホト=女陰です。

もともとは窪地とか、稜線と稜線の股の間といった、ホトをイメージする場所にあったのでしょうか。現在の御陵は遷座された可能性があるようですし。

スポンサーリンク