30代敏達天皇

スポンサーリンク

敏達天皇の宮・后妃皇子女

現代語

天國押波流岐廣庭天皇:欽明天皇の御子の沼名倉太玉敷命(ぬなくらふとたましきのみこと)が他田宮(をさだのみや)に都を定めて天下を治められたのは14年でした。

天皇が異母妹の豐御食炊屋比賣命:推古天皇(とよみけかしきやひめのみこと)を娶って生まれた御子は、

  • 貝王(しづかひのみこ)亦の名を貝鮹王(かひたこのみこ)
  • 竹田王(たけだのみこ)亦の名を小貝王(をかひのみこ)
  • 小治田王(をはりだのみこ)
  • 葛城王(かづらきのみこ)
  • 宇毛理王(うもりのみこ)
  • 小張王(をはりのみこ)
  • 多米王(ためのみこ)
  • 櫻井玄王(さくらゐのゆみはりのひめみこ)

の八柱でした。

伊勢大鹿首(いせのおほかのおびと)の娘の小熊子郎女(をくまこのいらつめ)を娶って生まれた御子は、

  • 布斗比賣命(ふとひめのみこと)
  • 寶王(たからのひめみこ)亦の名を糠代比賣王(ぬかでひめのみこ)

の二柱でした。

息長眞手王(おきながのまてのみこ)の娘の比呂比賣命(ひろひめのみこと)を娶って生まれた御子は、

  • 忍坂日子人太子(おしさかのひこひとのひつぎのみこ)亦の名を麻呂古王(まろこのみこ)
  • 坂騰王(さかのぼりのみこ)
  • 宇遲王(うぢのみこ)

の三柱でした。

春日中若子(かすがのなかつわくこ)の娘の老女子郎女(おみなこのいらつめ)を娶って生まれた御子は、

  • 難波王(なにはのみこ)
  • 桑田王(くはたのみこ)
  • 春日王(かすがのみこ)
  • 大俣王(おほまたのみこ)

の四柱でした。

天皇の御子は皆で17人でした。

日子人太子(ひこひとのひつぎのみこ)が庶妹(ままいも)の田村王(たむらのひめみこ)亦の名を糠代比賣命(ぬかでひめのみこと)を娶って生まれた御子は、

  • 岡本宮に都を定めて天下を治められた天皇:舒明天皇
  • 中津王(なかつのみこ)
  • 多良王(たらのみこ)

の三柱でした。

漢王(あやのみこ)の妹の大俣王(おほまたのひめみこ)を娶って生まれた御子は、

  • 智奴王(ちぬのみこ)
  • 妹の桑田王(くはたのひめみこ)

の二柱でした。

庶妹の玄王(ゆみはりのひめみこ)を娶って生まれた御子は、

  • 山代王(やましろのみこ)
  • 笠縫王(かさぬひのみこ)

の二柱で、日子人太子の御子は、皆で7人でした。

天皇は甲辰年四月六日に崩御されました。御陵は川內科長(かふちのしなが)にあります。

原文

御子 沼名倉太玉敷命 坐他田宮 治天下壹拾肆歲也 此天皇 娶庶妹豐御食炊屋比賣命 生御子 靜貝王 亦名貝鮹王 次竹田王 亦名小貝王 次小治田王 次葛城王 次宇毛理王 次小張王 次多米王 次櫻井玄王 八柱 又娶伊勢大鹿首之女 小熊子郎女 生御子 布斗比賣命 次寶王 亦名糠代比賣王 二柱 又娶息長眞手王之女 比呂比賣命 生御子 忍坂日子人太子 亦名麻呂古王 次坂騰王 次宇遲王 三柱 又娶春日中若子之女 老女子郎女 生御子 難波王 次桑田王 次春日王 次大俣王 四柱

此天皇之御子等 幷十七王之中 日子人太子 娶庶妹田村王 亦名糠代比賣命 生御子 坐岡本宮治天下之天皇 次中津王 次多良王 三柱 又娶漢王之妹 大俣王 生御子 智奴王 次妹桑田王 二柱 又娶庶妹玄王 生御子 山代王 次笠縫王 二柱 幷七王 甲辰年四月六日崩 御陵在川內科長也

簡単な解説

他田宮(をさだのみや)

奈良県桜井市戒重に鎮座する「春日神社」の境内に、宮跡の石碑があります。

忍坂日子人太子(おしさかのひこひとのひつぎのみこ)

天皇が息長氏の娘を娶って生まれた皇子です。皇位継承者ではあるものの、蘇我氏の娘を母に持たないという点で絶対的に不利でした。

日本書紀では、押坂彦人大兄皇子といいますが、古事記は、この皇子の名前に「日子」や「太子」を使用しました。

これはまさしく「日継の御子」という意味でしょうから、私は、「皇位を継承するべき人はこの人だった」という編纂者の気持ちを感じます。

押坂日子人太子は、ついぞ皇位にはつきませんでしたが、その蘇我氏の血が混じらない血統は舒明天皇によって引き継がれ、中大兄皇子による大化改新へと突き進むことになります。

そして藤原氏の時代がやってくるのですね。

河内磯長中尾陵

大阪府南河内郡太子町にある「太子西山古墳」が、敏達天皇の御陵として治定されています。

磯長谷にある古墳の中では、最大の前方後円墳です。

この磯長谷には、敏達天皇陵の他にも用明天皇陵、推古天皇陵、孝徳天皇陵、聖徳太子御廟などの御陵が集中しているため「王陵の谷」とも呼ばれています。

ちなみに、蘇我馬子や小野妹子のお墓もありますよ。

スポンサーリンク