序文

神代の時代 現代語 私、安萬呂が謹んで申し上げます。 宇宙の始め、すべての始めの物ができま ...

序文

天武天皇の即位 現代語 さて、飛鳥の清原の大宮において大八嶋洲を治めた天武天皇の御代になり ...

序文

元明天皇の治世 現代語 ここに、謹んで申し上げます。今上天皇陛下は即位されまして、その徳は ...

天地開闢

別天津神 現代語 遠い遠い、真っ暗な大昔のことです。 この世界の一番始めに、天で御出現にな ...

天地開闢

神世七代 現代語 その後、次々に御出現なさった神様は、 国之常立神(クニノトコタチの神) ...

伊邪那岐命と伊邪那美命

オノゴロ島の誕生 現代語 そこで、天神(あまつかみ)達は、伊邪那岐命と伊邪那美命の二人に、 ...

伊邪那岐命と伊邪那美命

大八嶋の誕生 現代語 このようなことになったので、二人は相談なさいました。 いま私たちが生 ...

伊邪那岐命と伊邪那美命

家、海、港、河の神々 現代語 国を生いえみ終わった伊邪那岐命と伊邪那美命は、次に神を生むこ ...

伊邪那岐命と伊邪那美命

イザナミ、火の神を生む 現代語 さて、伊邪那岐命と伊邪那美命の二人は、さらに神をお生みにな ...

伊邪那岐命と伊邪那美命

カグツチ斬られる 現代語 妻を失った伊邪那岐命は、 愛しい妻を、たった一人の子をために失っ ...