葦原中国平定は「大国主の国譲り神話」として知られていて、高天原を統治する天津神が葦原中国を統治する国津神から葦原中国を譲り受ける神話です。 譲り受けるとされていますが、神話を読み進めると、その実は武力闘争を伴う侵略であったことが伺えます。

葦原中国平定

天菩比神の派遣 現代語 天照大御神は 豊葦原の水穂国は、我が御子の正勝吾勝勝速日天忍穂耳命 ...

葦原中国平定

殺された雉の鳴女 現代語 天若日子がなかなか戻ってこないので、天照大御神と高御産巣日神は、 ...

葦原中国平定

天若日子の葬儀 現代語 天若日子の妻の下照比売命の泣く声が、風に乗って天上にまで届きました ...

葦原中国平定

建御雷之男の派遣 現代語 天照大御神が 今度は、どの神を遣わせば良いか?どうじゃ?思金よ。 ...

葦原中国平定

出雲大社の創建 現代語 建御雷神之男が戻ってきて、大国主神に お前の子の八重言代主神と建御 ...