海幸彦と山幸彦の神話は、皇室の祖「天孫族」と、朝廷に従わない南九州の部族「隼人族」の闘争を神話化したものと言われています。弟が兄から借りた釣り針を紛失してしまったことから争いが起こり、事態はとんでもない方向へと展開していきます。

海幸彦・山幸彦

釣り針を返せ! 現代語 兄の火照命(ホデリの命)は海佐知比古(=漁師)として、海の大小の魚 ...

海幸彦・山幸彦

海神の宮 現代語 火遠理命は、教えてくれた通りに進みました。すべてがその言葉通りだったので ...

海幸彦・山幸彦

地上に帰ろう! 現代語 そこで、その鯛の喉を調べてみると、なんと釣針がありました。それを取 ...

海幸彦・山幸彦

豊玉毗賣の出産 現代語 火遠理命(山幸)が兄を懲らしめてからしばらくして、綿津見神の娘の豊 ...