神功皇后

気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと) 神功皇后(じんぐうこうごう) 摂政前 気長足姫尊 ...

神功皇后

羽白熊鷲を討伐 また、荷持田村(のとりたのむら)に、羽白熊鷲(はしろくまわし)という者がい ...

神功皇后

皇后、西征の詔を発す 皇后は帰られて橿日浦に出向いて、髪を解いて海に臨み、 「私は、神祗の ...

神功皇后

皇后、出航す 十月三日 和珥津(わにのつ)から出港されました。この時、風の神が風を起こし、 ...

神功皇后

別伝 その一 ある話では、、、 仲哀天皇が筑紫の橿日宮に居られました。神が沙麼縣主(さばの ...

神功皇后

穴門の山田に住吉三神の荒魂を祀る さて、軍団を守護してくださった表筒男・中筒男・底筒男の三 ...

神功皇后

麛坂王・忍熊王の密謀 神功摂政元年(201年) 新羅国を討伐して翌年の春二月 皇后は、群臣 ...

神功皇后

務古水門で占う 皇后は、忍熊王が軍を起こして待ち受けていることを聞き、武内宿禰に命じて、皇 ...

神功皇后

あづないの罪 忍熊王は、さらに軍を退却させ、菟道(うぢ)に陣を敷きました。 皇后は、南に向 ...

神功皇后

菟道の戦い 三月三日 皇后は、武内宿禰と和珥臣(わにのおみ)の祖の武振熊(たけふるくま)に ...