第1代神武天皇

彦火火出見 神日本磐余彦天皇(かむやまといはれびこのすめらみこと)は、諱(いみな)を彦火火 ...

第1代神武天皇

皇軍、海路を北へ 甲寅の年(前667) 冬 10月5日 天皇は自ら諸皇子と水軍を率いて日向 ...

第1代神武天皇

神武一行が立ち寄った場所は、記紀に明記されている場所以外にもたくさんあり、地域の伝承や神社 ...

第1代神武天皇

日向を出航した一行は、水と食料の補給のために沿岸部の河口や浦に寄港しながら、豊の国の菟狭ま ...

第1代神武天皇

神武天皇は、故郷の南九州を出立して九州の東海岸沿いから大分県に入り福岡県の内陸の主だった部 ...

第1代神武天皇

神武天皇は出雲王朝と交渉を重ね、とうとう安芸国を譲り受けました。これで、九州全土に加え、山 ...

第1代神武天皇

神武天皇は、高嶋宮を出立したのち、兵庫県沿岸に寄港しながら河内国を目指しました。 難波の碕 ...

第1代神武天皇

ナガスネヒコとの戦闘に敗れ、生駒山地を越えることができなかった神武天皇軍は、日を背にして戦 ...

第1代神武天皇

二木島沖で遭難し、二人の兄をはじめとして多くの従者と船を無くした神武天皇。伊勢への航海は諦 ...

第1代神武天皇

八咫烏の登場 皇軍は国の中心に向かおうとしましたが、山中は険しく、通れる道も見つかりません ...