古事記|天照大御神と須佐之男命②|五男三女の誕生

スポンサーリンク
目次

三女神の誕生

そこで、二人は天安河(あめのやすのかは)を挟んで宇氣比(うけい)された後、

天照大御神は速須佐之男命の十拳劍を受け取って、
その剣を三つに打ち折り、
天之眞名井(あめのまない)の水で、
さらさらと音も涼やかに振り濯いで、
噛みに噛んで、吹き出した息の霧から、

三柱の女神が現れました。

その名は、多紀理毗賣命(タキリビメの命)といいます。
またの名は奥津嶋比賣命(オキツシマヒメの命)といいます。

次が市寸嶋比賣命(イチキシマヒメの命)。
またの名は狹依毗賣命(サヨリビメの命)といいます。

次が多岐都比賣命(タキツヒメの命)といいます。

五男神の誕生

今度は、速須佐之男命が

天照大御神の左の美豆良(みづら)に巻きつけておられた多くの大きな勾玉の数珠を受け取って、
玉の音もころころと、
天之眞名井の水で振り濯いで、
噛みに噛んで、吹き出した息の霧から
現れた神の名は、、、
正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(マサカツアカツカチハヤヒアメノオシホミミの命)といいます。

右の美豆良(みづら)に巻きつけておられた勾玉の数珠を受け取って、
噛みに噛んで、吹き出した息の霧から
現れた神の名を、、、
天之菩卑能命(アメノホヒの命)といいます。

鬘(かづら)に巻きつけておられた勾玉の数珠を受け取って、
噛みに噛んで、吹き出した息の霧から
現れた神の名は、、、
天津日子根命(アマツヒコネの命)といいます。

左手に巻きつけておられた勾玉の数珠を乞い受け取って、
噛みに噛んで、吹き出した息の霧から
現れた神の名は、
活津日子根命(イクツヒコネの命)といいます。

右手に巻きつけておられた勾玉の数珠を乞い受け取って、
噛みに噛んで、吹き出した息の霧から
現れた神の名は、
熊野久須毗命(クマノクスビの命)といいます。

合わせて五柱です。

そこで、天照大御神は速須佐之男命に言いました。

アマテラス

後で生まれた五柱の男子は私の持ち物から生まれました。だから、私の子としましょう。先に生まれた三柱の女子のお前の持ち物から生まれました。だから、お前の子としましょう

五男三女の系譜

先に生まれた神のうち、

  • 多紀理毘賣命は胸形の奥津宮におわします。
  • 次に市寸嶋比賣命は胸形の中津宮におわします。
  • 次に田寸津比賣命は胸形の辺津宮におわします。

この三柱の神は、胸形君が斎祀る三前の大神です。

後に生まれた五柱の神のうち、

天菩比命の子の建比良鳥命は

  • 出雲いづも國造(鳥取県出雲地方)
  • 无邪むさし志國造(東京都・秩父を除く埼玉県)
  • 上菟上かみつうなかみ國造(千葉県市原市の一部)
  • 下菟上しもつうなかみ國造(千葉県旭市・銚子・香取郡一帯)
  • 伊自牟いじみ國造(千葉県茂原市の一部・長南町・睦沢町の一部)
  • 津嶋縣直つしまのあがたのあたい(対馬)
  • 遠江國造とおつおうみ(磐田郡もしくは天竜川以西で浜名湖周辺まで)

らの祖です。

次に天津日子根命は、

  • 凡川內おおしこうち國造(大阪府・兵庫県東部)
  • 額田部湯坐連ぬかたべのゆゑのむらじ(大和郡山市)
  • 茨木いばらき國造(茨城県中部)
  • 倭田中やまとのたなか直(奈良県高市郡)
  • 山代やましろ國造(京都府南部)
  • 馬來田うまくた國造(千葉県袖ケ浦市・木更津市あたり)
  • 道尻岐閇みちのくちきのへ國造(茨城県日立市あたり)
  • 周芳すおう國造(山口県南部)
  • 倭淹知造(奈良県磯城郡)
  • 高市縣主(奈良県橿原市北部)
  • 蒲生稻寸(滋賀県蒲生郡)
  • 三枝部さきくさべ造(不明)

の祖です。

スポンサーリンク

ひとことメモ

天安河(あめのやすのかは)

天安河(あめのやすのかは)は、高天原にある河の名称です。

高天原を舞台とする神話の中で、ちょいちょい登場します。

例えば、天の石屋(岩戸隠れ)神話では、天の石屋に隠れた天照大御神を外へと出すために八百万の神が集って相談した場所として、また、天照大御神を石屋から呼び出す祭祀を行う場面では、「天の安の河上」にある天の堅石を取り、天の金山の鉄を取って鏡を作ったことが見える。

葦原中国平定神話では、葦原中国の平定のためにどの神を派遣するかを協議したのも「天の安の河原」である。さらに、同段において、建御雷神の親神である伊都之尾羽張神(いつのおはばりのかみ)が坐す場所として「天の安の河の河上の天の石屋」として登場します。

一般的な解釈としては、「天」は高天原、「安」は八洲、「河」は川と読み、「高天原に流れる、たくさんの洲のある川」という意味となるようです。

実在する川に比定する試みもされていて、

  • 近江の野州川とする説
  • 大和の飛鳥川の古名とする説
  • 大和の曽我川とする説

があります。

いずれにしても、そこが高天原の天の安河であるということではなく、地上の河川をモデルとして神話の中に天上世界の川として登場させたのだと考える説です。

一方、宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸には、天の岩戸とされる洞窟をご神体とする天岩戸神社があり、この社のそばを流れる岩戸川の500メートル川北の場所に「天安河原」とされる洞窟が存在します。

高千穂町岩戸地区には「天香具山」や「天浮橋」などの高天原の神話に由来する地名が存在してますし、天孫降臨の舞台でもありますので、こちらは「実在する川である」とする説と言えましょう。
 

天之眞名井(あめのまない)

真名井とは「神聖な泉」のことをいい、天の眞名井は、そんな中でも特に神聖なる泉で、高天原にあるとされています。

  • 日本百名水に選出されている鳥取県米子の天の真名井が有名。
  • 天橋立近くの籠神社の奥宮「真名井神社」にも天の真名井と呼ばれる泉があります。
  • また、高天原伝承が残る蒜山高原にも「天の真名井滝」という滝があったりします。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる