4代懿徳天皇

スポンサーリンク

4代懿徳天皇(いとく)

現代語

大倭日子鉏友命(オホヤマトヒコスキトモの命)は、軽の境岡宮(かるのさかひをかのみや)に都を定めて、天下を治められました。

懿徳天皇が、師木縣主(しきのあがたぬし)の祖の賦登麻和訶比賣命(フトマカヒメの命)、亦の名は飯日比賣命(イイヒヒメの命)を娶って生まれた御子は、

  • 御眞津日子訶惠志泥命(ミツマツヒコカエシネの命)
  • 多藝志比古命(タギシヒコの命)の二人です。

そして、長男の御眞津日子訶惠志泥命が次の天下を治められました。

次男の當藝志比古命は、

  • 血沼之別(ちぬのわけ)
  • 多遲麻之竹別(たぢまのたけのわけ)
  • 葦井之稻置(あしゐのいなき)

の祖です。

懿徳天皇は45歳でお亡くなりになり、御陵は畝火山の眞名子谷(まなこたに)の上にあります。

原文

倭日子鉏友命、坐輕之境岡宮、治天下也。此天皇、娶師木縣主之祖・賦登麻和訶比賣命・亦名飯日比賣命、生御子、御眞津日子訶惠志泥命自訶下四字以音、次多藝志比古命。二柱。故、御眞津日子訶惠志泥命者、治天下也。次當藝志比古命者、血沼之別、多遲麻之竹別、葦井之稻置之祖。天皇御年、肆拾伍歲、御陵在畝火山之眞名子谷上也

簡単な解説

軽の境岡宮(かるのかひをかのみや)

畝傍山から南へ2kmほど。岡寺駅の近くに、宮跡があります。

畝火山の眞名子谷(まなこたに)

畝傍山南纖沙溪上陵といいます。なんと読むかといいますと、「うねびやまのみなみのまなごのたにのえのみささぎ」です。

こちらも、橿原神宮から見ると、畝傍山の反対側になりますね。

スポンサーリンク