古事記|伊邪那岐と伊邪那美⑤|火の神から現れた神々

スポンサーリンク
目次

カグツチ斬られる

妻を失った伊邪那岐命は、

イザナギ

愛しい妻を、たった一人の子をために失ってしまうなんて。。。残念でならない

と仰せられ、枕元に這いつくばり、足元に這いつくばり、泣きに泣きました。

その涙から現れた神は、香具山の麓の小高い場所にある木の下にいらっしゃる泣澤女神(ナキサハメの神)です。

そして、伊邪那美命を出雲國と伯伎國の境にある比婆之山(ひばのやま)に葬りなさいました。

一段落ついた伊邪那岐命の気持ちは、妻を失った悲しみから、妻を死に追いやった迦具土命への怒りへと変わっていきます。

もむろに腰の十拳剣(とつかのつるぎ)を抜くや否や、子の火之迦具土神の首をスパっと斬り落としました。

その時、切先についた血が、湯津岩村(ゆついわむら:神聖な岩群れ)に飛び散って現れた神の名は、

  • 石拆神(イハサクの神)
  • 根拆神(ネサクの神)
  • 石筒之男神(イハツツノヲの神)

次に、刀身についた血が、湯津岩村に飛び散って現れた神の名は、

  • 甕速日神(ミカハヤヒの神)
  • 樋速日神(ヒハヤヒの神)
  • 建御雷之男神(タケミカヅチノヲの神)

建御雷之男神の亦の名を建布都神(タケフツの神)、またの名を豐布都神(トヨフツの神)といいます。

次に、刀の柄に付いた血が、指の間から滴り落ちて現れた神の名は、

  • 闇淤加美神(クラオカミの神)
  • 闇御津羽神(クラミツハの神)

このように、石拆神から闇御津羽神までの合わせて八柱の神は、御剣によって現れた神です。

カグツチから現れた神々

一方、斬られた火之迦具土神の体からも、神が現れました。

  • 頭から現れた神の名は、正鹿山津見神(マサカヤマツミの神)。
  • 次に胸から現れた神の名は、淤縢山津見神(オドヤマツミの神)。
  • 次に腹から現れた神の名は、奥山津見神(オクヤマツミの神)。
  • 次に陰部から現れた神の名は、闇山津見神(クラヤマツミの神)。
  • 次に左手から現れた神の名は、志藝山津見神(シギヤマツミの神)。
  • 次に右手から現れた神の名は、羽山津見神(ハヤマツミの神)。
  • 次に左足から現れた神の名は、原山津見神(ハラヤマツミの神)。
  • 次に右足から現れた神の名は、戸山津見神(トヤマツミの神)です。

正鹿山津見神より戸山津見神まで、合わせて八柱の神が出現しました。

ちなみに、火之迦具土神を斬った剣の名は、天之尾羽張(あめのをはばり)といいます。またの名を伊都之尾羽張(いつのをはばり)といいます。

スポンサーリンク

ひとことメモ

比婆之山

伊邪那美が眠る「比婆之山」の伝承地は各地にありますが、現在有力な候補としては、島根県安来市にある「比婆山」です。

この山は、地磁気が逆だったころの火山活動でできた山で、いまも逆の地磁気を帯びているらしいです。パワースポットですね。

迦具土命の血液から生まれた神々

さて、迦具土命を斬った刀か血液から現れた神々を整理すると、

  • 石拆神(イハサクの神)
  • 根拆神(ネサクの神)
  • 石筒之男神(イハツツノヲの神)

この三柱は、石を砕いたり、根っこを取り除いたりという、開墾を連想される神名です。

  • 甕速日神(ミカハヤヒの神)
  • 樋速日神(ヒハヤヒの神)

この二柱は、甕(ミカ)は(カメ)ともいいます。つまり容器。

樋(ヒ)は(トイ)とも読みます。つまり水管。水路でしょうか。

  • 闇淤加美神(クラオカミの神)
  • 闇御津羽神(クラミツハの神)

この二柱は、水の神であるオカミとミツハノメの闇バージョン。だから同じく水の神でしょう。

では、次の神は?

  • 建御雷之男神(タケミカヅチノヲの神)

武の神、刀剣の神として有名です。出雲の国譲りでは、その武神たる強さを発揮しますから。

しかし、他の神々が農耕に関連する神々ですから、実は「タケミカヅチノヲ」も農耕の神だったのではないかと思いませんか?

そう考えると、日本書紀での表記である「武甕槌神」の方が似つかわしいです。カメと木槌。とても農耕っぽい!

迦具土命の遺体から生まれた神々

斬られた迦具土命から生まれた8柱の神々は、すべて山津見とあることから、山の神と解釈できます。

火の神から現れた山の神ですから、火山活動で生じた山をイメージしたものと考えられます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる