9代開化天皇

スポンサーリンク

9代開化天皇

現代語

開化天皇(若倭根子日子大毘毘命)春日之伊邪河宮(かすがのいざかはのみや)に都を定めて、天下を治められました。

天皇が旦波之大縣主(たにはのおほあがたぬし)の由碁理(ユゴリ)の娘の竹野比賣(タカノヒメ)を娶って生まれた御子は、

  • 比古由牟須美命(ヒコユムスビの命)

の一人です。

天皇が庶母(ままはは)の伊迦賀色許賣命(イカガシコメの命)を娶って生まれた御子は、

  • 御眞木入日子印惠命(ミマキイリヒコイニヱの命)と、
  • 御眞津比賣命(ミマツヒメの命)

の二人でした。

天皇が丸邇臣(わにのおみ)の祖の日子國意祁都命(ヒコクニオケツの命)の妹の意祁都比賣(オケツヒメの命)を娶って生まれた御子は、

  • 日子坐王(ヒコイマスの王子)

の一人です。

天皇が葛城之垂見宿禰(カヅラキノタルミのすくね)の娘の鸇比賣(ハヤブサヒメ)を娶って生まれた御子は、

  • 建豐波豆羅和氣(タケトヨハヅラワケ)です。

このように、天皇の御子は皆で男四人、女一人の合計五人で、御眞木入日子印惠命(ミマキイリヒコイニヱの命)が、次の天下を治められました。

原文

若倭根子日子大毘毘命、坐春日之伊邪河宮、治天下也。此天皇、娶旦波之大縣主、名由碁理之女、竹野比賣、生御子、比古由牟須美命。一柱。此王名以音。又娶庶母、伊迦賀色許賣命、生御子、御眞木入日子印惠命印惠二字以音、次御眞津比賣命。二柱。又娶丸邇臣之祖日子國意祁都命之妹、意祁都比賣命意祁都三字以音、生御子、日子坐王。一柱。又娶葛城之垂見宿禰之女、鸇比賣、生御子、建豐波豆羅和氣。一柱。自波下五字以音。此天皇之御子等、幷五柱。男王四、女王一。故、御眞木入日子印惠命者、治天下也。

簡単な解説

春日之伊邪河宮(かすがのいざかはのみや)

奈良県奈良市本子守町18。率川神社の境内が春日之伊邪河宮の伝承地です。春日率川宮とも。

奈良市の中心、三条通りにあります。

伊迦賀色許賣命(イカガシコメの命)

8代孝元天皇の段にも書きましたが、このお姫様は8代孝元天皇の后でもありました。

また、このお姫様の叔母さん内色許売命も8代孝元天皇の后で、9代開化天皇の母です。

ですから、叔母と姪が、それぞれ天皇の母となったということになります。スゴイことです。

そして、二人とも饒速日尊の系統なのですよ。古事記が饒速日尊の痕跡を完全に消すことが出来ない理由、このあたりにも表れていますね。

皇子たちの系譜

現代語

長男の比古由牟須美王(ヒコユムスビの命)の子は、

  • 大筒木垂根王(オホツツキタリネノミコ)と
  • 讚岐垂根王(サヌキタリネノミコ)で、

この二人の御子の娘は五人でした。

三男の日子坐王(ヒコイマスの王子)が、山代之荏名津比賣(ヤマシロノエナツヒメ)、亦の名は苅幡戸辨(カリハタトベ)を娶って生まれた御子は、

  • 大俣王(オホマタの王子)、
  • 小俣王(ヲマタの王子)、
  • 志夫美宿禰王(シブミノスクネの王子)

の三人でした。

また、三男の日子坐王(ヒコイマスの王子)が春日建國勝戸賣(カスガノタケクニカツトメ)の娘の沙本之大闇見戸賣(サホノオホクラミトメ)を娶って生まれた御子は、

  • 沙本毘古王(サホビコの王子)
  • 袁邪本王(ヲザホの王子)、
  • 沙本毘賣命(サホビメの命)
  • 室毘古王(ムロビコの王子)

の4人でした。

ちなみに、沙本毘賣命(サホビメの命)は、亦の名を佐波遲比賣(サハヂヒメ)といい、伊久米天皇(イクメノスメラミコト、垂仁天皇)の后(きさき)となる人です。

また、三男の日子坐王(ヒコイマスの王子)が、近淡海(ちかつあふみ)の御上祝以伊都玖(ミカミノハフリガモチ イツク)天之御影神(アメノミカゲの神)の娘の息長水依比賣(オキナガノミヅヨリヒメ)を娶って生まれた御子は、

  • 丹波比古多多須美知能宇斯王(タニハノヒコタタスミチノウシの王子)、
  • 水之穗眞若王(ミヅノホノマワカの王子)、
  • 神大根王(カムオホネの王子)、亦の名は八瓜入日子王(ヤツメイリヒコの王子)、
  • 水穗五百依比賣(ミヅホノイホヨリヒメ)、
  • 御井津比賣(ミイツヒメ)

の五人でした。

また、三男の日子坐王(ヒコイマスの王子)が、母である意祁都比賣命の妹の袁祁都比賣命(ヲケツヒメ)を娶って生まれた御子は、

  • 山代之大筒木眞若王(ヤマシロノオホツツキノマワカの王子)、
  • 比古意須王(ヒコオスの王子)、
  • 伊理泥王(イリネの王子)

の三人です。

なんと、日子坐王の皇子は皆で十一人もいらっしゃいます。

原文

其兄之比古由牟須美王之子、大筒木垂根王、次讚岐垂根王。二王。讚岐二字以音。此二王之女、五柱坐也。次日子坐王 娶山代之荏名津比賣 亦名苅幡戸辨此一字以音 生子 大俣王 次小俣王 次志夫美宿禰王三柱 又娶春日建國勝戸賣之女 名沙本之大闇見戸賣 生子 沙本毘古王 次袁邪本王 次沙本毘賣命 亦名佐波遲比賣此沙本毘賣命者 爲伊久米天皇之后 自沙本毘古以下三王名皆以音 次室毘古王四柱 又娶近淡海之御上祝以伊都玖此三字以音 天之御影神之女 息長水依比賣 生子 丹波比古多多須美知能宇斯王此王名以音 次水之穗眞若王 次神大根王 亦名八瓜入日子王 次水穗五百依比賣 次御井津比賣五柱 又娶其母弟袁祁都比賣命 生子 山代之大筒木眞若王 次比古意須王 次伊理泥王三柱 此二王名以音 凡日子坐王之子 幷十一王

簡単な解説

沙本毘古王・沙本毘賣命

妹のサホビメは11代垂仁天皇の皇后となるのですが、兄のサホビコに誘われて謀反を起こしてしまいます。くわしくは、垂仁天皇の段をご参照ください。

子沢山

三男の日子坐王は子沢山です。その子供たちから、多くの氏族の祖や国造が生まれています。

皇族の中でも大きな勢力を誇っていた事でしょう。もしかしたら虎視眈々と天皇の座を狙っていたのかもしれません。

カリスマ性の高い(想像ですが)崇神天皇の御代は我慢。そして垂仁天皇の御代になったのを機にクーデターを起こしたのかなと思ったりしてます。

スポンサーリンク