29代欽明天皇

スポンサーリンク

欽明天皇の宮・后妃皇子女

現代語

建小廣國押楯命の弟の天國押波流岐廣庭天皇(あめくにおしはるきひろにはのすめらみこと)は、師木嶋大宮(しきしまのおほみや)に都を定めて、天下を治められました。

天皇が檜坰天皇:宣化天皇の御子の石比賣命(いしひめのみこと)を娶って生まれた御子は、

  • 八田王(やたのみこ)
  • 沼名倉太玉敷命(ぬなくらふとたましきのみこと)
  • 笠縫王(かさぬひのみこ)

の三柱でした。

その妹の小石比賣命(をしひめのみこと)を娶って生まれた御子は、

  • 上王(かみのみこ)

の一柱でした。

また、春日之日爪臣(かすがのひつまのおみ)の娘の糠子郎女(ぬかこのいらつめ)を娶って生まれた御子は、

  • 春日山田郎女(かすがやまだのいらつめ)
  • 麻呂古王(まろこのみこ)
  • 宗賀之倉王(そがのくらのみこ)

の三柱でした。

また、宗賀之稻目宿禰大臣(そがのいなめのすくねのおほおみ)の娘の岐多斯比賣(きたしひめ)を娶って生まれた御子は、

  • 橘之豐日命(たちばなのとよひのみこと)
  • 妹の石坰王(いはくまのひめみこ)
  • 足取王(あとりのみこ)
  • 豐御氣炊屋比賣命(とよみけかしきやひめのみこと)
  • 麻呂古王(まろこのみこ)
  • 大宅王(おほやけのみこ)
  • 伊美賀古王(いみがこのみこ)
  • 山代王(やましろのみこ)
  • 妹の大伴王(おほとものみこ)
  • 櫻井之玄王(さくらゐのゆみはりのみ)
  • 麻奴王(まぬのみこ)
  • 橘本之若子王(たちばなのもとのわくごのみこ)
  • 泥杼王(ねどのみこ)

の十三柱でした。

また、岐多志比賣命の姨の小兄比賣(をえひめ)を娶って生まれた御子は、

  • 馬木王(うまきのみこ)
  • 葛城王(かづらきのみこ)
  • 間人穴太部王(はしひとのあなほべのひめみこ)
  • 三枝部穴太部王(さきくさべのあなほべのみこ)、亦の名を須賣伊呂杼(すめいろど)
  • 長谷部若雀命(はつせべのわかさざきのみこと)

の五柱でした。

天皇の御子は皆で25人で、このうち、沼名倉太玉敷命が次の天下を治められ、続いて、橘之豐日命、豐御氣炊屋比賣命、長谷部之若雀命が天下を治めました。

欽明天皇の御子の内、四人が天皇になられたことになります。

原文

弟 天國押波流岐廣庭天皇 坐師木嶋大宮 治天下也 天皇 娶檜坰天皇之御子 石比賣命 生御子 八田王 次沼名倉太玉敷命 次笠縫王 三柱 又娶其弟小石比賣命 生御子 上王 一柱 又娶春日之日爪臣之女 糠子郎女 生御子 春日山田郎女 次麻呂古王 次宗賀之倉王 三柱 又娶宗賀之稻目宿禰大臣之女 岐多斯比賣 生御子 橘之豐日命 次妹石坰王 次足取王 次豐御氣炊屋比賣命 次亦麻呂古王 次大宅王 次伊美賀古王 次山代王 次妹大伴王 次櫻井之玄王 次麻奴王 次橘本之若子王 次泥杼王 十三柱

又娶岐多志比賣命之姨 小兄比賣 生御子 馬木王 次葛城王 次間人穴太部王 次三枝部穴太部王 亦名須賣伊呂杼 次長谷部若雀命 五柱 凡此天皇之御子等 幷廿五王 此之中 沼名倉太玉敷命者 治天下 次橘之豐日命 治天下 次豐御氣炊屋比賣命 治天下 次長谷部之若雀命 治天下也 幷四王治天下也

簡単な解説

欽明天皇も、26代継体天皇の御子です。これで継体天皇の御子から3人が天皇に即位したことになります。

ちょうどこのころに、仏教が初めて日本に伝わりました。

師木嶋大宮(しきしまのおほみや)

神宿る三輪山の南麓、奈良県桜井市慈恩寺の大和川沿いに、伝承地の石碑があります。

沼名倉太玉敷命(ぬなくらふとたましきのみこと)

30代敏達天皇です。

宗賀之稻目宿禰大臣(そがのいなめのすくねのおほおみ)

蘇我稲目大臣です。

稲目の娘「岐多斯比賣」が宮中に入り、子供をもうけます。ここから蘇我氏が勢いを強めていくのです。

橘之豐日命(たちばなのとよひのみこと)

31代用明天皇です。母は蘇我氏の「岐多斯比賣」です。用命天皇の即位により蘇我氏の隆盛は極まります。

この御代に、蘇我氏によって物部宗家は滅ぼされました。

豐御氣炊屋比賣命(とよみけかしきやひめのみこと)

32代推古天皇です。初の女性天皇となります。

もっとも、神功皇后、飯豊青王(飯豊天皇)といった、天皇として機能した女性はいらっしゃいましたが、正式に天皇として数えることはありません。

小兄比賣(をえひめ)

「岐多斯比賣」の叔母ですから、こちらも蘇我氏の娘です。

間人穴太部王(はしひとのあなほべのひめみこ)

その後、厩戸皇子:聖徳太子の母となります。

長谷部若雀命(はつせべのわかさざきのみこと)

33代崇峻天皇です。

蘇我氏によって暗殺された、悲劇の天皇です。

桧隈坂合陵

宮内庁は、奈良県高市郡明日香村大字平田にある「平田梅山古墳」を、欽明天皇の御陵「桧隈阪合陵」として治定していますが

学者筋からは、墳丘の規模などからみて「見瀬丸山古墳」が真陵とみなされています。

一方、平田梅山古墳は敏達天皇の未完成墓ではないかとしているようです。

丸山古墳

6世紀後半に造営された前方後円墳。規模は、奈良県下最大、全国的にも6位といいますから、とんでもなく大きな古墳です。

学者筋は欽明天皇の御陵として推定していますが、宮内庁は、天武天皇や持統天皇を推定しています。

スポンサーリンク