7代孝霊天皇

スポンサーリンク

7代 孝霊天皇(こうれい)

現代語

大倭根子日子賦斗邇命(オホヤマトネコヒコフトニの命)黑田廬戸宮(くろだのいほとのみや)に都を定めて、天下を治められました。

 

孝霊天皇が十市縣主(とをちのあがたぬし)の祖の大目(オオメ)の娘の細比賣命(クハシヒメの命古)を娶って生まれた御子は、

  • 大倭根子日子國玖琉命(オホヤマトネノヒコクニクルの命)。

また、春日之千千速眞若比賣(カスガノチチハヤマワカヒメ)を娶って生まれた御子は、

  • 千千速比賣命(チヂハヤヒメの命)

といいます。

また、意富夜麻登玖邇阿禮比賣命(オホヤマトクニアレヒメの命)を娶って生まれた御子は、

  • 夜麻登登母母曾毘賣命(ヤマトトモモソビメの命)
  • 日子刺肩別命(ヒコサシカタワケの命)
  • 比古伊佐勢理毘古命(ヒコイサセリビコの命)、亦の名は大吉備津日子命(オホキビツヒコの命)
  • 倭飛羽矢若屋比賣(ヤマトトトビハヤワカヤヒメ)

の四人でした。

また、その阿禮比賣命の異母弟の妹の蠅伊呂杼(ハヘイロド)を娶って生まれた御子は、

  • 日子寤間命(ヒコサメマの命)、
  • 若日子建吉備津日子命(ワカヒコタケキビツヒコの命)

の二人です。

このように、孝霊天皇の御子は全部で八人でした。

そして次の天下は、大倭根子日子國玖琉命が治められました。

原文

大倭根子日子賦斗邇命、坐黑田廬戸宮、治天下也。此天皇、娶十市縣主之祖大目之女・名細比賣命、生御子、大倭根子日子國玖琉命。一柱。玖琉二字以音。又娶春日之千千速眞若比賣、生御子、千千速比賣命。一柱又娶意富夜麻登玖邇阿禮比賣命、生御子、夜麻登登母母曾毘賣命、次日子刺肩別命、次比古伊佐勢理毘古命・亦名大吉備津日子命、次倭飛羽矢若屋比賣。四柱。又娶其阿禮比賣命之弟・蠅伊呂杼、生御子、日子寤間命、次若日子建吉備津日子命。二柱。此天皇之御子等、幷八柱。男王五、女王三。故、大倭根子日子國玖琉命者、治天下也。

 

吉備国の平定

現代語

大吉備津日子命若建吉備津日子命は、二人で、針間氷河前(はりまのひかはのさき)に、忌瓮(いわいべ)を置き、播磨を前線基地として吉備國(きびのくに)を平定しました。

大吉備津日子命は吉備上道臣(きびのかみつみちのおみ)の祖となりましたし、若日子建吉備津日子命は吉備下道臣(きびのしもつみちのおみ)・笠臣(かさのおみ)の祖となりました。兄の日子寤間命は針間牛鹿臣(はりまのうしかのおみ)の祖です。

日子刺肩別命は高志之利波臣(こしのとなみのおみ)、豐國之國前臣(とよくにのくにさきのおみ)、五百原君(いほはらのおみ)、角鹿海直(つぬがのあまのあたひ)の祖となりました。

孝霊天皇は106歳でお亡くなりになり、御陵は片岡馬坂(かたをかのうまさか)の上にあります。

原文

大吉備津日子命與若建吉備津日子命、二柱相副而、於針間氷河之前、居忌瓮而、針間爲道口、以言向和吉備國也。故、此大吉備津日子命者、吉備上道臣之祖也。次若日子建吉備津日子命者、吉備下道臣、笠臣祖。次日子寤間命者、針間牛鹿臣之祖也。次日子刺肩別命者、高志之利波臣、豐國之國前臣、五百原君、角鹿海直之祖也。天皇御年、壹佰陸歲。御陵在片岡馬坂上也。

簡単な解説

大吉備津日子命

日本書紀では彦五十狭芹彦命(ひこいさせりひこの命)で、亦の名を吉備津彦命としています。四道将軍の一人で、西道を担当しました。

針間氷河前(はりまのひかはのさき)

兵庫県の加古川は、かつて氷川(ひかわ)と呼ばれていたようです。そしてその東岸に氷丘(ひおか)がありました。現在は日岡山と呼ばれています。

おそらく、この山の麓あたりに、忌瓮をおいて神祀りを行ったのではないでしょうか。日岡神社がありますし、なんといっても、日岡山の山頂には日本武尊の母の御陵があります。

さらに、その日本武尊の母というのが、若建吉備津日子命の子孫だというのですから、いろいろとつながりますね。

いずれにしても、ここは神聖な場所なのです。

黑田廬戸宮

奈良県磯城郡田原本町大字黒田にあります。

片岡馬坂

奈良県北葛城郡王寺町本町3丁目です。名神大社の片岡神社から西へ300m。かつては明神山の稜線の端だったと思われますが、宅地開発によってかつての面影は、、、

スポンサーリンク