古事記|大国主神④|根の国からの旅立ち

スポンサーリンク
目次

根の国からの脱出

眠りふけった大神を見た大穴牟遅神は、

オオナムヂ

ついに、この時がやってきた!

大穴牟遅神は、はやる心を押さえつつ、寝ている大神の髪を広間の垂木に結びつけ、大きな岩で広間の戸をふさぎます。

そして、妻の須勢理比賣を背負い、大神の生大刀(いくたち)と生弓矢(いくゆみや)それに天詔琴(あめののりごと)を盗み取って、忍び足で逃げ出そうとしました。

その時です。

ビロロローン

天詔琴が木に触れてしまい、大地が鳴り轟くような大きな音がしました。

寝ていた大神は、これを聞いて驚き、起きた拍子に広間を引き倒してしまいました。

オオナムヂ

まずい!

しかし、大神が垂木に結ばれていた髪を解いている間に、大穴牟遅神らは遠くへと逃げ去ることができました。

須佐之男命の後継者

大神が、黄泉比良坂(よもつひらさか)まで追いかけて来て、遥か遠くを我が娘を背負って走いく大穴牟遅神に向かって、大地を揺るがすような大きな声で叫びました。

スサノヲ

こらー!いいかー!
お前が持っている生大刀と生弓矢で、お前の兄弟たちを坂の裾まで追い払い、川の瀬まで追い払えー!
そして、おまえは大国主神となり、また、宇都志国玉神(うつしくにたまのかみ)となれー!

さらに、叫びます。それは、誰もが恐れる荒ぶる大神の、彼らしい祝福の言葉でした。

スサノヲ

そして、そして、、、
我が娘、須勢理比賣を正妻にして、宇迦能山(うかのやま)の麓に大地の下の大きな岩に宮殿の太い柱をしっかりと据えて、大空髙く千木を立てた立派な宮殿を造って住みやがれー!
この野郎めー!

大穴牟遅神(オオナムヂ)は大国主(オホクニヌシ)と名を変えて、大刀と弓で、八十神を坂の裾まで追い払い、川の瀬まで追い払って、初めてご自身の国をお造りになられました。

そして、ようやく大国主神は、かつて稲羽で約束した通り八上比賣を娶りました。しかし八上比賣は、正妻の須勢理比賣に遠慮して、生んだ子を木の股に刺し挟んで、稲羽にお帰りになりました。

その子の名を木俣神(キマタの神)といいます。亦の名を御井神(ミイの神)といいます。

ひとことメモ

敵をあざむくことを覚えた大穴牟遅神は、最後には自分の発想力と実行力で、須佐之男命から逃れることが出来たのです。

八十神に殺されるとわかっていながらも抗えなかった子供時代からすると、大成長です。

このように、大穴牟遅神は須佐之男命から帝王学を学んだようですね。そしてそこには、須佐之男命の父性を感じます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる