24代仁賢天皇

スポンサーリンク

仁賢天皇の宮・后妃皇子女

現代語

袁祁王(をけのみこ:顕宗天皇)の兄である意祁命(おけのみこと)は、石上廣高宮(いそのかみのひろたかのみや)を皇居として、天下を治められました。

天皇が大長谷若建天皇(おほはつせのわかたけのすめらみこと、雄略天皇)の御子の春日大郎女(かすがのおほいらつめ)を娶って生まれた御子は、

  • 高木郎女(たかきのいらつめ)
  • 財郎女(たからのいらつめ)
  • 久須毘郎女(くすびのいらつめ)
  • 手白髮郎女(たしらかのいらつ)
  • 小長谷若雀命(をはつせのわかさざきのみこと)
  • 眞若王(まわかのみこ )

の6人でした。

丸邇日爪臣(わにのひつめのおみ)の娘の糠若子郎女(ぬかのわくごのいらつめ)を娶って生まれた御子は、

  • 春日山田郎女(かすがのやまたのいらつめ)

のお一人でした。

このように、天皇の御子は皆で7人で、このうち、長男の小長谷若雀命が、次の天下を治めることになりました。

原文

袁祁王兄 意祁命 坐石上廣高宮 治天下也 天皇 娶大長谷若建天皇之御子 春日大郎女 生御子 高木郎女 次財郎女 次久須毘郎女 次手白髮郎女 次小長谷若雀命 次眞若王 又娶丸邇日爪臣之女 糠若子郎女 生御子 春日山田郎女 此天皇之御子 幷七柱 此之中 小長谷若雀命者 治天下也

簡単な解説

仁賢天皇あたりから、時代が新しく(当時としては)なってきて、記憶にも新しい天皇であることや、一方で日本書紀の編纂も進んできたことから、逸話や事績の記述が極端に少なくなってきます。

石上廣高宮(いそのかみのひろたかのみや)

石上廣高宮の伝承地は、奈良県天理市石上町にあります。

石上と言えば石上神宮。まさに物部氏の勢力範囲ですね。おそらく仁賢天皇の即位には物部氏のバックアップがあったのでしょう。

ちなみに、石上広高宮のすぐ北は天理市櫟本。そこは和爾氏の本貫地です。

皇后と妃

仁賢天皇は、皇后に雄略天皇の皇女「春日大郎女」を迎えています。母は和爾氏の出身です。

さらに、妃には和爾氏の娘を迎えました。

物部氏と和爾氏。これが仁賢天皇の後ろ盾であり、言い換えると、この両氏族が仁賢天皇を担いで自らの勢力拡大を図ったということになりましょう。

このように、仁徳天皇以降の政治の実権は、葛城氏から、平群氏、和爾氏、物部氏と移り変わっていきました。

埴生坂本陵

古事記には仁賢天皇の御陵に関する記述がありませんが、大阪府藤井寺市青山にある「ボケ山古墳」を仁賢天皇の御陵に治定して「埴生坂本陵」と呼んでいます。

近鉄南大阪線「古市駅」から西へ徒歩20分。途中に白鳥古墳(日本武尊陵)があるので、そちらの参拝も兼ねて訪れたいです。

しかし何なのよ?ボケ山って。

スポンサーリンク