日本書紀|第二十五代 武烈天皇①|残虐非道な天皇登場!

小泊瀬稚鷦鷯天皇(をはつせのわかさざきのすめらみこと)
第二十五代 武烈(ぶれつ)天皇

スポンサーリンク

武烈天皇のひととなり

bkbr-1-1

小泊瀬稚鷦鷯天皇をはつせのわかさざきのすめらみことは、億計天皇おけのすめらみこと(=仁賢天皇)の太子で、母は 春日大娘皇后かすがのおほいらつめのきさき といいます。「1」

仁賢天皇七年に、皇太子に立たれました。

大人になっては裁判や処刑を好み、法令に明るい天皇でした。日が暮れるまで執務席に座り、隠れた罪を明らかにして、実情を得て処断しました。

また、頻繁に様々な悪事を行いましたが、よい事は一つも行いませんでした。

およそすべての極刑を自らご覧にならないということはありませんでした。

国内の民は皆、恐怖に震えていました。

 原 文

小泊瀬稚鷦鷯天皇、億計天皇太子也、母曰春日大娘皇后。億計天皇七年、立爲皇太子。長好刑理、法令分明。日晏坐朝、幽枉必達、斷獄得情。又、頻造諸惡、不修一善。凡諸酷刑、無不親覽。國內居人、咸皆震怖。

国政を欲しいままにする大臣

仁賢十一年

八月に、仁賢天皇が崩御されました。

大臣おほおみ平群眞鳥臣へぐりのまとりのおみ「2」は、国政をほしきままにして、日本やまとの王となろうと思って、太子(武烈天皇)の為に都を造ると偽って、自分の住まいとするなど、ことあるごとに驕り慢心し、臣下の礼節が全くありませんでした。

 原 文

十一年八月、億計天皇崩。大臣平群眞鳥臣、專擅國政、欲王日本、陽爲太子營宮、了卽自居、觸事驕慢、都無臣節。

bkbr-1-3

海石榴市の歌場

そんな折、太子は、物部麁鹿火大連もののべのあらかひのおほむらじ「3」の娘の影媛かげひめを娶ろう思い、影媛の家に仲人なこうどを遣わして、会う約束をされました。

ところが、影媛は平群眞鳥臣の息子のしびと関係を持っていました。鮪、これを茲寐(しび)と云う

影媛は、太子の所望に反するのを恐れて、

「わたくしめは、海柘榴市つばきいち「4」の巷でお待ち申し上げます」

と返答してしまいました。

そこで、太子は、約束の場所に行こうと思い、側近の舎人を平群大臣の家に遣わして、太子の命令として官馬を求めさせました。

しかし、平群大臣はふざけて、

「官馬は誰の為に飼っているのでしょう。お命じの通りにいたしましょう」

と言ってからも、なかなか出してきませんでした。

太子は、心中穏やかではありませんでしたが、顔にはださず、約束の場所に出向かれ、歌場うたがき 「4」 歌場は宇多我岐と云う の人込みに混じって、影媛の袖をとり、立ち止まったりゆったりと歩いたりしながら誘いました。

 原 文

於是、太子、思欲聘物部麁鹿火大連女影媛、遺媒人向影媛宅期會。影媛、會姧眞鳥大臣男鮪。鮪、此云茲寐。恐違太子所期、報曰「妾望、奉待海柘榴市巷。」

由是、太子、欲往期處、遣近侍舍人就平群大臣宅、奉太子命求索官馬。大臣戲言陽進曰「官馬、爲誰飼養。隨命而已。」久之不進。太子、懷恨、忍不發顏、果之所期、立歌場衆歌場、此云宇多我岐執影媛袖、躑躅從容。

ひとことメモ

br-1-1

億計天皇おけのすめらみこと     春日大娘皇后かすがのおほいらつめのきさき

億計天皇おけのすめらみこと   は、24代仁賢天皇です。

父親の市辺押磐皇子が天皇の座を狙う大泊瀬皇子(22代雄略天皇)に殺されたとき、弟と一緒に播磨国に逃げ、馬飼として身を隠していました。

なので、民衆のことを慮る善政を行った天皇として描かれています。

そんな善帝から、こんな悪帝が生まれるなんて、信じがたいものがあります。

春日大娘皇后かすがのおほいらつめのきさき の母親は春日和珥臣深目の娘の「童女君」。そして父親は、なんと雄略天皇なのです。億計天皇おけのすめらみことは、父の仇とも言える雄略天皇の娘を皇后としたということになります。

武烈天皇の猟奇的な性格は、祖父の雄略天皇の遺伝なのでしょうか。

本文に戻る

br-1-2

平群眞鳥臣へぐりのまとりのおみ

平群眞鳥臣へぐりのまとりのおみは、伝説の重臣「武内宿禰たけのうちのすくね」の子「平群木菟宿禰へぐりのつくのすくね」の子。雄略天皇が大臣だった葛城円を誅殺したあとに台頭してきたのが平群氏。

眞鳥は大臣となり、隆盛を極めることとなりましたが、「驕れる人、久しからず」などといわれるとおり、この後、天皇の手によって殺される運命となります。

本文に戻る

br-1-3

物部麁鹿火大連もののべのあらかひのおほむらじ

物部麁鹿火大連もののべのあらかひのおほむらじは、武烈・継体・安閑・宣化の各天皇に仕えた重臣です。

武烈天皇が即位する前から大連の姓で記されていることから、仁賢天皇の御代でも大連だったと思われます。

大伴金村大連おおとものかなむらのおおむらじとともに、一時代を築いた大物の武人というイメージです。

本文に戻る

br-1-4

海柘榴市つばきいち歌場うたがき

海柘榴市つばきいちは、日本最古の市といわれています。奈良盆地の東の縁を南北に通る「山の辺の道」と、初瀬川(大和川)とが交差する物流の拠点だったことから物資が集まり市が形成されたのでしょう。

そのような賑やかな地域だったので、自ずと若い男女が集まってきて恋を語り合う「歌垣」の舞台にもなりました。

大阪でいうところのミナミのひっかけ橋みたいなところだったのでしょう。

本文に戻る

古事記では、、、

古事記では、袁祁命をけのみこと(弘計王=顕宗天皇)と志毘臣しびのおみ(平群臣の祖)とが、菟田首うだのおびと らの娘の大魚おほうをを取り合う話として描かれています。

こちらも志毘臣しびのおみが誅殺されて終わります。

スポンサーリンク