28代宣化天皇

スポンサーリンク

宣化天皇の宮・后妃皇子女

現代語

廣國押建金日命:安閑天皇の弟の建小廣國押楯命(たけをひろくにおしたてのみこと)は、檜坰之廬入野宮(ひのくまのいほりののみや)に皇居を構えて、天下を治められました。

天皇が意祁天皇:仁賢天皇の御子の橘之中比賣命(たちばなのなかつひめのみこと)を娶って生まれた御子は、

  • 石比賣命(いしひめのみこと)
  • 小石比賣命(をいしひめのみこと)
  • 倉之若江王(くらのわかえのみこ)

の三柱です。

また、川內之若子比賣(かふちのわくごひめ)を娶って生まれた御子は、

  • 火穗王(ほのほのみこ)
  • 惠波王(ゑはのみこ)

の二柱でした。

天皇の御子は、男三柱・女二柱の合計五柱で、

火穗王は志比陀君(しひだのきみ)の祖で、惠波王は韋那君(ゐなのきみ)・多治比君(たぢひのきみ)の祖となります。

原文

弟 建小廣國押楯命 坐檜坰之廬入野宮 治天下也 天皇 娶意祁天皇之御子 橘之中比賣命 生御子 石比賣命 訓石如石 下效此 次小石比賣命 次倉之若江王 又娶川內之若子比賣 生御子 火穗王 次惠波王 此天皇之御子等 幷五王 男三 女二 故 火穗王者 志比陀君之祖 惠波王者 韋那君 多治比君之祖也

簡単な解説

宣化天皇は継体天皇の御子で、先代の安閑天皇の同母弟にあたります。

檜坰之廬入野宮(ひのくまのいほりののみや)

奈良県高市郡明日香村檜前に鎮座する「於美阿志神社」の境内に、宣化天皇の宮跡伝承地を示す石碑があります。

身狭桃花鳥坂上陵(むさのつきさかのえのみささぎ)

古事記には記載がないですが、宣化天皇の御陵は「身狭桃花鳥坂上陵」といい、奈良県橿原市鳥屋町にある鳥屋ミサンザイ古墳が、宣化天皇の御陵に治定されています。

スポンサーリンク