第一段 本文|天地開闢と三神の誕生

スポンサーリンク

天地のはじめと三神の誕生

大昔、まだ天と地は分かれていなくて、陰と陽も分かれていないときのこと。

この世は混沌としていてまるで鶏の卵のようでした。そんな鶏の卵のように、そのほの暗くぼんやりとした中にも、何らかの兆しがありました。

その澄んで明るいものは、薄くたなびいていって天となり、重く濁ったものは溜まって地となりましたが、澄んだ素晴らしいものは集まりやすく、重く濁って動かないものは固まりにくかったので、まずは天が先に出来て、その後に地が定まりました。

そののちに、神ががその中に生まれました。

そのようなことから、次のように伝えられてきました。

天地ができる初めに、国土が浮かび漂う様子は、例えると、水に遊ぶ魚がプカプカ浮いているようなものでした。

その時、天地の中に一つの物が生まれました。その形は葦の芽のようで、それが変化して神になりました。この神を国常立尊(くにのとこたちの尊)といいます。

(とても貴い方を「尊」、他を「命」といいます。いずれも読みは「尊」です。以下、同様。)

次に国狹槌尊(くにのさつちの尊)、さらに豊斟渟尊(とよくぬむの尊)、合わせて三柱の神が生まれました。

これら三柱の神は、天の道だけで化成しました。ですので、純粋な男神です。

原文

古、天地未剖、陰陽不分、渾沌如鶏子、溟涬而含牙。及其淸陽者薄靡而爲天・重濁者淹滯而爲地、精妙之合搏易、重濁之凝竭難。故、天先成而地後定。然後、神聖、生其中焉。故曰、開闢之初、洲壞浮漂、譬猶游魚之浮水上也。于時、天地之中生一物、狀如葦牙。便化爲神、號国常立尊。至貴曰尊、自餘曰命、並訓美舉等也。下皆效此。次国狹槌尊、次豊斟渟尊、凡三神矣。乾道獨化、所以、成此純男。

簡単な解説

陰陽

森羅万象すべての物や事象は、陰と陽で構成されているという考え方があります。

男と女、天と地、明と暗、表と裏。どちらか一方だけでは存在し得ない二つの気。これらが調和し合って秩序が生まれます。

陰も陽もないということは、本当に何もないということですね。カオスです。

鶏の卵

「混沌は鶏の卵のようだ」とは、奈良時代の人の感性ですね。我々には、そのような例え方は思いつきませんです。

でも、鶏の卵の中で新しい命が芽生えて、やがて殻を突き破ってヒヨコになるですから、「混沌」だけを比喩しているのではなく、そのあとに続く「何らかの兆し」への期待感も含めて「鶏の卵の如し」と表現しているのです。

極めて高等な比喩だと思います。

国土が浮かび漂う

「国土が浮かび漂っている」これが固まって漂わなくなったら「国土ができた」ことになるのでしょう。

神話が言う国土とは浮かんでいるものなんですね。島国である日本ならではの考え方でしょうか。

葦の芽

日本神話には「葦」がよく登場します。

葦はイネ科の植物で、水辺に自生します。成長が早く、水面からニョキニョキと細い竹の子のように伸びる葦の芽を、古代の人は生命力の象徴と見たようです。

また、真っすぐで、油分が多いため、葦簀(よしず)=すだれ、茅葺屋根に使われた、重宝な植物でもありました。

三柱の神

天地開闢で三柱の神が現れました。国常立尊・国狹槌尊・豊斟渟尊です。

一方、古事記では、天御中主神・高御産巣日神、神産巣日神の三柱を造化三神と称して、初めに生まれた創造の神としていました。

スポンサーリンク