第二段 本文・一書(1)~(2)|男女ペアで現れた八柱の神々

スポンサーリンク
目次

男女の神が現れる

次に現れた神は、埿土煑尊(うひぢにの尊)と沙土煑尊(すひぢにの尊)と申し上げるまたは、泥土根尊(うひぢねの尊)と沙土根尊(すひぢねの尊)と云う

次に現れた神は、大戸之道尊(おほとのぢの尊)ある話では、大戸之邊(おほとのべ) と大苫邊尊(おほとまべの尊)と申し上げる。または、大戸摩彥尊(おほとまひこの尊)と大戸摩姫尊(おほとまひめの尊)と云う。または、大富道尊(おほとまぢの尊)と大富邊尊(おほとまべの尊)と云う。

次に現れた神は、面足尊(おもだるの尊)と惶根尊(かしこねの尊)と申し上げる。または吾屋惶根尊(あやかしこねの尊)と云う。または忌橿城尊(いむかしきの尊)と云う。または青橿城根尊(あをかしきねの尊)と云う。または吾屋橿城尊(あやかしきの尊)と云う。

次に現れた神は、伊弉諾尊(いざなきの尊)と伊弉冉尊(いざなみの尊)と申し上げる。

原文

次有神 埿土煑尊埿土 此云于毗尼 沙土煑尊 沙土 此云須毗尼 亦曰埿土根尊 沙土根尊 次有神 大戸之道尊 一云 大戸之邊 大苫邊尊 亦曰大戸摩彥尊 大戸摩姬尊 亦曰大富道尊 大富邊尊 次有神 面足尊 惶根尊 亦曰吾屋惶根尊 亦曰忌橿城尊 亦曰靑橿城根尊 亦曰吾屋橿城尊 次有神 伊弉諾尊 伊弉冉尊

簡単な解説

次に現れた・・・から始まりますので、第一段で三神が化成した続きで神が次々と現れた様子を表しています。

ここのポイントは、男女ペアで現れるということと、神の名でストーリー付けしているという点でしょう。

第一段では、神は完全なる陽、すなわち純粋な男だったのですが、第二段では、陰と陽、すなわち女神と男神の二種類が出現しました。しかも兄妹のペアで。あるいは夫婦として。

これは、次段以降伊弉諾と伊弉冉の男女の交わりへと続く過渡期です。

神が想像もつかないような漠然とした存在から、人間に近しい存在に変わっていく過程とも言えましょう。

そういう意味で、神名の解釈が重要になってきます。

埿土煑尊と沙土煑尊

埿土煑尊(うひぢにの尊)と沙土煑尊(すひぢにの尊)は、泥と砂。ですから土壌の神。大地の神です。

まさに生活の土台となります。

大戸之道尊と大苫邊尊

大戸之道尊(おほとのぢの尊) と大苫邊尊(おほとまべの尊)は、戸がある苫(茅で編んだ小屋)。すなわち家屋の神です。

埿土煑尊(うひぢにの尊)と沙土煑尊(すひぢにの尊)によってつくられた土台に、小屋が建てられたわけです。道や辺がありますから、集落的な意味も含むのかも。

住環境が整いました。

大苫邊尊(おほとまべの尊)の亦の名が多いのは、この女神が全国的に信仰されていたことの証でもありましょう。

面足尊と惶根尊

そんな住居ができると、次は子孫繁栄です。

面足尊(おもだるの尊)と惶根尊(かしこねの尊)。ここからは男女がそれぞれの機能を主張し始めます。

「おもだる」は、いわゆるイケメン。男前の男神です。「かしこね」は「畏れ多い女」。

畏れ多い女とは?

女性はお腹に子を宿し、新しい命を生み出します。新しい命を生み出すことと引き換えに死んでしまうこともしばしばだったでしょう。

そんな女性に対して畏敬の念の持っていたのではないでしょうか。女性の生殖機能への賛美と言えましょう。

となれば、対となる面足も、容姿だけでなく、男性の生殖機能への賛美なのかもしれませんが、後付けかも。

というのも、惶根尊(かしこねの尊)の亦の名が圧倒的に多く、この女神が全国的に広く信仰されていて、面足尊はわざわざ対になるように創作されたように思えるからです。

伊弉諾尊と伊弉冉尊

さあ、いよいよです。ご存知の和製アダムとイブの出現です。

伊弉諾尊(いざなきの尊)と伊弉冉尊(いざなみの尊)の「いざ」は「いざなう」、すなわち「誘う」です。

男前の男神と、畏れ多い女神が、互いに誘い合い、、、

ここまでは、何かから化生したか、出現した神ばかりでしたが、この後は、交ぐわい子供をもうけるのです。それが国生み、神生み神話につながっていきます。

 

第二段 一書 その1

ある書では、こう伝えています。

この二柱の神は、青橿城根尊(あをかしきねのみこと)の子です。

原文

一書曰、此二神、靑橿城根尊之子也。

簡単な解説

女性の象徴「惶根尊」=「青橿城根尊」から、二柱の神すなわち伊弉諾尊と伊弉冉尊が生まれたと記載されています。

伊弉諾尊と伊弉冉尊は、現れたのではなく、親神から生まれたというのです。

第二段本文によって確立された、神世七代にグルーピングした特別感が薄れてしまいますね。

さらに、一書その2では、、、

第二段 一書 その2

ある書では、こう伝えています。

国常立尊が天鏡尊(あめのかがみのみこと)を生み、天鏡尊が天萬尊(あめのよろづのみこと)を生み、天萬尊が沫蕩尊(あわなぎのみこと)を生み、沫蕩尊が伊弉諾尊を生みました。

原文

一書曰、國常立尊生天鏡尊、天鏡尊生天萬尊、天萬尊生沫蕩尊、沫蕩尊生伊弉諾尊。沫蕩、此云阿和那伎。

簡単な解説

創造の神が鏡の神を生み、鏡の神がヨロズの神を生み、ヨロズの神が海の泡の神を生み、最後に伊弉諾尊が生まれたとあります。

国常立尊をスタートとする系譜の形を取ります。

一書その1・その2のいずれを見ても、神世七代の最後の世代「伊弉諾尊」だけ、あるいは「伊弉諾・伊弉冉の世代」だけは他の6世代とは違うようです。

むしろ、それを臭わせているように感じますね。

ホツマツタヱ

ちなみに、ホツマツタヱには、

クニトコタチ(国常立尊)の3代孫にアメカガミ(天鏡尊)とウヒチニ(泥土煮尊)があり、アメカガミ(天鏡尊)の子にアメヨロズ(天萬尊)があり、そのアメヨロズ(天萬尊)をウヒチニ(泥土煮尊)の養子として出した。

そして、そのアメヨロズ(天萬尊)の子がアワナギ(沫蕩尊)で、その子がタカヒト、すなわちイザナギ(伊弉諾尊)である。

とあります。同じですね。

特別尊い神の中の伊弉諾尊

本来の伝承は、このような系譜だったのかもしれませんが、

伊弉諾尊が特別尊い神の中において、生殖機能を完備した、人間に近しい特徴を持つ、言い換えると「完成された神」という位置づけにしたいがために、一書その1と2が挿入されている

と考えることもできますね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる