第三段 本文|神世七代(かみのよななよ)

スポンサーリンク

神世七代と呼ぶ

すべてで、八柱の神が現れました。

これらの八神は、乾坤(あめつち=陰陽)の道が混じり合って成り現れたので、男(をとこ)女(をみな)の性をお持ちの神です。

国常立尊から伊弉諾尊・伊弉冉尊までを、神世七代(かみのよ ななよ)といいます。

原文

凡八神矣 乾坤之道 相參而化 所以 成此男女 自國常立尊 迄伊弉諾尊伊弉冉尊 是謂神世七代者矣

簡単な解説

たったこれだけの内容で、一つの段を割くからには、第三段には大きな意味があると考えられます。

化生方法の違い

乾は陽、坤は陰。

天地開闢の際に現れた3柱の神は、乾の道だけで化生しました。よって純男の独神でした。
そのあとの8柱の神は、乾と坤の道が参じて混じり合って化生しました。よって男女ペアでした。

この化生方法とその結果の違いは何なのでしょうか。

とっても単純で恐縮ですが、

世界の始まりに現れた超・特別尊い神と、超特別尊い神の次に現れた特別尊い神に差をつけたかったから、化生方法や性別の有無で差をつけた。

というのが、私の中での結論です。

神世七代の意味

そして、第4段以降に生まれる尊い神との差をつけるために、「神世七代」というグルーピングをしたのでしょう。

ここまでと、これからは全然違うんですよ!と宣言する段と言えましょう。

スポンサーリンク