第五段 一書(1)(2)|伊弉冉の死

スポンサーリンク

第五段 一書(1)

ある書では、このように伝えられています。

伊弉諾尊が

「天下を治める立派な子を生もうと思う」

とおっしゃられて、左手に白銅鏡(ますみのかがみ)を取られた時に生まれた神を大日孁尊とおっしゃいます。

右手に白銅鏡を取られた時に生まれた神を月弓尊とおっしゃいます。

又、首を回して振り返り、キョロキョロしている間に生まれた神を素戔嗚尊とおっしゃいます。

大日孁尊と月弓尊は、お二人とも明るく麗しい性質の神であったので、お二人に天地を照らさせました。素戔嗚尊は残虐な性質の神だったので、下ろして根国を治めさせました

原文

一書曰、伊弉諾尊曰「吾欲生御宇之珍子。」乃以左手持白銅鏡則有化出之神、是謂大日孁尊。右手持白銅鏡則有化出之神、是謂月弓尊。又廻首顧眄之間則有化神、是謂素戔嗚尊。卽大日孁尊及月弓尊並是質性明麗、故使照臨天地。素戔嗚尊、是性好殘害、故令下治根國。珍、此云于圖。顧眄之間、此云美屢摩沙可梨爾。

簡単な解説

この一書は、三柱の神の誕生の異伝を掲載することの中に、ある企みがなされていると感じます。

その企みとは、、、

左手に鏡、右手に鏡

本文では、陰と陽の交わりで三神プラス蛭子が生まれました。

陰から陽に誘いを掛けて結ばれたために陰陽の正しい作用が働かず、とんでもなく尊い子と、とんでもなく悪い子が出来てしまったのでしたよね。

この一書では、

  • 伊弉諾尊が単独で行った。
  • を使ったら、素晴らしい子が化生した。
  • よそ見した拍子に、素戔嗚尊が化生した。

鏡を使って化生させた二柱の神と、横を向いた拍子に生まれた一柱との間に大きな違いが現れています。これはいいでしょう。

問題は、単独で鏡を使ったということ。

陰と陽の交わりなし。陽神(伊弉諾)が持つ鏡に映るのは陽神。そこから化生した神は、完全なる陽神となるでしょう。

しかし、

陰陽思想では、左は陰、右は陽。

よって、左手の鏡から化成した大日孁尊陰よりの陽で、右手の鏡から化成した月弓尊陽よりの陽とでもいいましょうか。

つまり、ここで月神は陽(男神)と定義されました。

一方、日神は陽(男神)から陰(女神)に少し傾いた感じですね。

これが、第五段本文で述べた、天照大御神女神化作戦の第二段と、私は思いました!

横を向いて生まれた

さて、素戔嗚尊は伊弉諾尊の振り返ってキョロキョロしている間に、その行為から化生しました。

これは、伊弉諾尊が神を出現させようという意思がない時の行為で、うっかり現れてしまった、、、というとです。

だから意に沿わない性格の神が現れたということになるのでしょう。

照らさせました。

ここでも、統治させましたとは書いてません。照らさせるだけです。

やはり、地上世界の統治者は空席なのです。

下ろして根国を治めさせました

下ろして根の国へ。今、伊弉諾尊は天から降りて地上世界にいます。そこからさらに下ろすわけですから、地下となりましょう。

根の国は地下にあるという概念です。

第五段 一書(2)

ある書では、このように伝えられています。

日神と月神とをお生みになられました後に、蛭兒をお生みになられました。この児は満三歳になっても立つことができませんでした。

最初に伊弉諾尊と伊弉冉尊とが柱を回られた時、陰神が先に言葉を掛けられたことが、陰陽の理に適わなかったために、蛭兒が生まれたのです。

次に素戔嗚尊をお生みになられました。この神の性質は荒々しく、いつも泣き喚き怒ったりしておられました。そのために、多くの国民が死に、青山が枯山になってしまいました。

その為、父母が

「もし、あなたがこの国を治めたならば、必ず多くを傷つけることになるだろう。だからお前は、極遠にある根国を治めなさい」

とおっしゃいました。

次に鳥磐櫲樟橡船(とりのいはくすふね)をお生みになられました。この船に蛭兒を乗せて、流れのままに捨てられました。

次に火神の軻遇突智(かぐつち)をお生みになられました。

この時、伊弉冉尊は、軻遇突智によって、焼かれてお亡くなりになられました。

亡くなられる時に、寝たきりのまま土神の埴山姫(はにやまひめ)と水神の罔象女(みつはのめ)をお生みになられました。

軻遇突智が埴山姫を娶って、生稚産霊(わくむすひ)が生まれました。この神の頭には蚕と桑が生え、おヘソには五種類の穀物が生えました。

原文

一書曰、日月既生。次生蛭兒、此兒年滿三歲、脚尚不立。初、伊弉諾、伊弉冉尊巡柱之時、陰神先發喜言、既違陰陽之理、所以、今生蛭兒。次生素戔嗚尊、此神性惡、常好哭恚、國民多死、靑山爲枯。故、其父母勅曰「假使汝治此國、必多所殘傷。故汝、可以馭極遠之根國。」次生鳥磐櫲樟橡船、輙以此船載蛭兒、順流放棄。次生火神軻遇突智、時伊弉冉尊、爲軻遇突智、所焦而終矣。其且終之間、臥生土神埴山姬及水神罔象女。卽軻遇突智、娶埴山姬、生稚産靈、此神頭上生蠶與桑、臍中生五穀。罔象、此云美都波。

簡単な解説

陰陽の理に適わなかった

なんと、前段や当段の本文で述べさせていただいてました件、ここにちゃんと記載されてましたね。

陰陽の不調和、正しい作用をしなかったから、結果が悪いものとなったということです。

あなたがこの国を治めたならば

この記述も、日神と月神が地上世界をも統治するのであれば、この発言はないでしょう。

あの二神は尊すぎて、地上世界を統治しない立場にまで上がり切った、すなわち、地上世界の統治者は不在となっていることの裏付けとなりましょう。

疑問や推論の答えはすべて、一書の中に、表現方法を変える形で隠されているんですね。

軻遇突智

これまで、海、山、川、木、草という大自然を生み、日神と月神という天上の神を生み、素戔嗚尊という地下の神(死者国の神)を生みました。

そして、火の神です。火の神が生まれた意味は大きいです。

伊弉冉尊の陰部から火の神が生まれるというのは、男女の性交の動作が火おこしの摩擦運動に似ているということです。

すなわち、人が火を起こすことができるようになった、火をコントロールできるようになったということですね。

  • 焚火で暖をる
  • 食物を焼いて食べる。
  • 農地の開拓に森を焼く
  • 土器を焼く
  • 稲作が始まるとその土器で炊飯
  • 金属の精錬

などなど、火を使えるようになって、文明が生まれたといっても過言ではないでしょう。

ですから一方で、火の神が生まれたことは伊弉諾尊と伊弉冉尊の時代の終焉をも意味するのでしょう。

そして、より人間に近い神々の物語へと移り変わるという節目になるのです。

埴山姬(はにはまひめ)

土の神です。これは土器の発明を物語っていると思います。

罔象女(みずはのめ)

水の神です。「みずは」は「水が走る」「水を這わす」で、農業用の用水路の精霊だと言われています。

また、砂鉄の採取・水銀の採取などにも用水路が必要だったと思います。

稚産霊(わくむすひ)

火の神が土の神を娶って生まれました。火と土と言えば、やはり土器と言いたいところなのですが、もっと進んで焼畑でしょう。桑と蚕、そして五穀が生じたのですから。

このように、火が生まれて、農業が急速に発達していった様を表しているものと思われます。

スポンサーリンク