日本書紀|第二十五代 武烈天皇③|平群真鳥大臣が滅亡し、武烈天皇が即位

小泊瀬稚鷦鷯天皇(をはつせのわかさざきのすめらみこと)
第二十五代 武烈(ぶれつ)天皇

、、、続き、、、

 

スポンサーリンク

太子、眞鳥大臣を誅殺する

(仁賢十一年)

十一月十一日 大伴金村連おほとものかなむらのむらじは、太子に

眞鳥まとりのやからは、討つべきです。ご命令を頂けませんでしょうか」

と進言した。太子は

「天下争乱の恐れがある。類まれな勇者でなければ、成し遂げられない。それができるのは、むらじよ、お前だ」

とおっしゃり、策を練りました。

そして、大伴大連は、自ら兵を率いて、大臣の家を囲んで焼き払いました。

結果は雲散霧消となり、眞鳥大臣は、事がうまく運ばなかったことを残念に思い、自ら逃れがたいことを知り、計略は行き詰まり、望は絶えて、広く潮を指さして呪いを掛けました。

そして遂には殺戮され、それは子や兄弟にまで及びました。

呪いを掛けたとき、角鹿つぬが海鹽しほ「7」だけは呪いをかけるのを忘れました。なので、角鹿の鹽は、天皇の食すところとなり、他の鹽は、天皇が嫌うところとなりました。

 原 文

冬十一月戊寅朔戊子、大伴金村連、謂太子曰「眞鳥賊、可擊。請討之。」太子曰「天下將亂、非希世之雄不能濟也。能安之者、其在連乎。」卽與定謀。

於是、大伴大連、率兵自將、圍大臣宅、縱火燔之。所撝雲靡、眞鳥大臣、恨事不濟、知身難兔。計窮望絶、廣指鹽詛。遂被殺戮、及其子弟。

詛時、唯忘角鹿海鹽、不以爲詛。由是、角鹿之鹽、爲天皇所食、餘海之鹽、爲天皇所忌。

武烈天皇の即位

(仁賢十一年)

十二月 大伴金村連は、賊を平定し政を太子にお返ししました。そして尊号を奉りたいと奏上して、

「今、億計天皇(=仁賢天皇)の皇子は、陛下しかおられません。民衆が帰属するところは二つとないのです。又、天の助けによって、賊を浄め除くことができました。英略と勇断で天のご威光と天の位はますます盛んです。

日本には必ずきみがおられます。日本の主が陛下でないとするなら一体誰でしょうや。伏して、お願い申し上げます。陛下は、天地の神にお答えして、詔を広く宣言して、日本を照らし、銀郷(日本国)をほしいままにお受け下さい」

と申し上げました。

そこで、太子は、役人に命じて、壇場たかみくら泊瀬列城はつせのなみき「8」に設けて、天皇の位にお付きになり、都を定められました。

この日 大伴金村連を大連おほむらじとなさいました。

 原 文

十二月、大伴金村連、平定賊訖、反政太子、請上尊號曰「今、億計天皇子、唯有陛下。億兆欣歸、曾無與二。又、頼皇天翼戴、淨除凶黨。英略雄斷、以盛天威天祿。日本必有主、主日本者非陛下而誰。伏願、陛下、仰答靈祗、弘宣景命、光宅日本、誕受銀鄕。」

於是、太子、命有司設壇場於泊瀬列城、陟天皇位、遂定都焉。是日、以大伴金村連爲大連。

水派邑の築城

武烈元年 己卯つちのとのう 499年

三月二日 春日娘子かすがのいらつめ 「9」を立てて皇后とされました。娘子の父は未詳です

この年は、太歳 己卯つちのとのう でした。

武烈2年 庚辰かのえのたつ 500年

九月 妊婦の腹を割いて胎児を見られました。

武烈3年 辛巳かのとのみ 501年

十月 人の指甲なまつめを抜いて、山芋を掘らせました。

十一月 大伴室屋大連おほとものむろやのおほむらじに詔して、

「信濃国の男丁よほろを使って、城を水派邑みまたのむらに作れ」

とおっしゃいました。そこを、城上きのへ「10」といいます。

この月 百済の意多郎おたらが亡くなり、高田丘たかたのをか「11」の上に埋葬しました。

武烈4年 壬午みずのえのうま 502年

四月 人の頭の髪を抜いて樹に登らせておいて、樹の根本を切り倒して、登っていた者を落として殺して面白がられました。

 原 文

元年春三月丁丑朔戊寅、立春日娘子爲皇后。未詳娘子父。是年也、太歲己卯。

二年秋九月、刳孕婦之腹而觀其胎。三年冬十月、解人指甲、使掘暑預。十一月、詔大伴室屋大連「發信濃國男丁、作城像於水派邑。」仍曰城上也。是月、百濟意多郎卒、葬於高田丘上。

四年夏四月、拔人頭髮、使昇樹巓、斮倒樹本、落死昇者、爲快。

 

ひとことメモ

br-1-7

角鹿つぬが海鹽しほ

角鹿つぬが海鹽しほだけは、呪いをかけ忘れたから、天皇が食す塩となったとのこと。いったいこれには何の意味があるのでしょう。

角鹿の塩は天皇御用達の塩であることは、当時の人々の中では常識で、その由来をここに記した。そんな感じに思えます。

ではなぜ角鹿の塩が良いのでしょうか。その答えはわからないのですが、いくつかの豆情報を上げておきましょう。これらを組み合したら、角鹿の塩と天皇の関係が見えてくるかも。。。

  • 鹿肉は塩漬けにして保存食とした。
  • 鹿はミネラル補給のため、塩を舐める修正がある。
  • 若い牡鹿の袋角は補精強壮薬(鹿茸)として重用された。
  • 敦賀の海の干満差は他の海と比べて極めて小さい。(だから呪い忘れた?)

本文に戻る

br-1-8

泊瀬列城宮はつせのなみきのみや

泊瀬列城宮は、奈良県桜井市出雲あたりとされています。十二柱神社の境内に武烈天皇社が祀られていて、泊瀬列城宮伝承地の碑が建てられています。

本文に戻る

br-1-9

春日娘子かすがのいらつめ

武烈天皇の皇后や妃は、春日娘子かすがのいらつめただ一人でした。

この春日娘子かすがのいらつめは、謎の人物です。古事記には記されていないですし、両親も不明。「春日」とつく名前だから、春日和珥氏に関係する女性なんだろうと想像するしかないのです。

歴代の天皇の皇后は、皇女から立てられることが常でした。ですから父親が不明というのは解せないのです。

本文に戻る

br-1-10

水派邑の城上

水派邑に城が作られたので、後年そこを城上きのへ邑と呼ぶようになったということです。

城上(きのへ)は、「き」は高地で「へ」は辺。河川の流域から見て一段高い土地、あるいは自然堤防上の地を指すといいます。

城上→城戸と村名は編成して、現在は河合町川合の「城古」として名を留めています。

 

地図を見てもわかるように、北からは富雄川が、南からは葛城川・曽我川・飛鳥川・寺川が、奈良盆地の主な河川の大半が大和川に合流するという、水運交通の要所であり、軍事的にも抑えるべきポイントです。

後世、ここに廣瀬大社が創建されたのも、そのような立地によると考えられています。

本文に戻る

 

br-1-11

意多郎おたらを高田の丘に葬る

百済の意多郎おたらが亡くなり、高田丘たかたのをかの上に埋葬しました。

その墳墓がどこなのかはっきりしません。武烈天皇陵の南にある陪塚か、領家山古墳群のどれかか、岡崎稲荷あたりか。候補がいくつかあるようです。

本文に戻る

スポンサーリンク