日本書紀|第十八代 反正天皇|

瑞歯別天皇 -みつはわけのすめらみこと-
第十八代  反正天皇  -はんぜいてんのう-

 

スポンサーリンク

誕生

瑞歯別天皇みつはわけのすめらみこと(反正天皇)は、去来穂別天皇いざほわけのすめらみこと(履中天皇)の同母弟です。履中天皇2年に皇太子に立たれました。

天皇は、初め、淡路宮あわじのみやでお生まれになりました。生まれながらにして歯がひとつの骨のようで、容姿は端麗でした。

瑞井みずのいと云う井戸があり、その井戸の水を汲んで、太子の体をお洗い申し上げていた時、多遅たじの花が井戸の中にありましたので、それを太子の名としました。

多遅たじの花とは虎杖いたどりの花のことです。だから、多遅比瑞歯別天皇たぢひのみつはわけのすめらみことと讃えて申し上げるのです。

6年三月、履中天皇が崩御されました。

 原 文

瑞齒別天皇 去來穗別天皇同母弟也 去來穗別天皇二年 立爲皇太子

天皇 初生于淡路宮 生而齒如一骨 容姿美麗 於是有井曰瑞井 則汲之洗太子 時多遲花有于井中 因爲太子名也 多遲花者今虎杖花也 故稱謂多遲比瑞齒別天皇

六年春三月 去來穗別天皇崩

 ひとことメモ

淡路宮

兵庫県南あわじ市松帆檪田の「産宮神社」が「淡路宮」の伝承地とされています。仁徳天皇が狩りに来られたとき、磐之媛皇后が瑞歯別皇子を出産。それがこの場所だとのことです。

この地域は広大な白砂に松が生い茂る景観地であり、かつ、鳥獣が多く棲みついていたため、狩り遊びの地としては絶好のロケーションだったらしいです。

今も、慶野松原に、古代の面影を見ることができます。

多遅たじの花

多遅たじの花は、虎杖いたどりの花のこととのこと。地方によっては「スカンポ」とも。

虎杖いたどりは、若葉を揉んで傷口につけると血が止まり痛みが和らぐため「痛み取り」が訛って「イタドリ」になったとか。

また、虎杖と書くのは、イタドリの茎が杖に使われ、その茎の模様が虎模様だから。

即位・皇后・皇子女・都

反正元年 丙午ひのえのうま(ひのえのうま) 406

正月二日 儲君もうけのきみ瑞歯別天皇みつはわけのすめらみこと)が天皇に即位されました。

八月六日 大宅臣おおみやけのおみの祖の木事こごとの娘の津野媛つのひめ皇夫人こうごうとされ、

  • 香火姫皇女かひのひめのみこ
  • 円皇女つぶらのひめみこ

をお生みになられました。

夫人こうごうの妹の弟媛おとひめは、

  • 財皇女たからのひめみこ
  • 高部皇子たかべのみこ

をお生みになられました。

十月 河内の丹比たじひに都を造りました。これを柴籬宮しばかきのみやといいます。

雨風が順調で、五穀がよく穣り、人民は富み賑い、天下太平の世でした。

この年の太歳は、丙午ひのえのうまでした。

反正5年 庚戌かのえのいぬ 410

正月二十三日 天皇は正寝おおどの(正殿)で崩御されました。

 原 文

元年春正月丁丑朔戊寅 儲君卽天皇位

秋八月甲辰朔己酉 立大宅臣祖木事之女津野媛 爲皇夫人 生香火姬皇女・圓皇女 又 納夫人弟々媛 生財皇女與高部皇子

冬十月 都於河內丹比 是謂柴籬宮 當是時 風雨順時 五穀成熟 人民富饒 天下太平 是年也 太歲丙午

五年春正月甲申朔丙午 天皇崩于正寢

 ひとことメモ

津野媛つのひめ

津野媛つのひめ「皇夫人」とあります。律令制において、「夫人」は、「后」「妃」に次ぐ地位だったといいますから、少し地位を低く表現しているようです。

先帝の履中天皇の正室も皇后ではなく「皇妃」と書かれていましたよね。

太子ではなく儲君と書いたり、皇后ではなく皇妃・皇夫人と書いたり、、、

履中天皇、反正天皇、允恭天皇の三兄弟による皇位継承には違和感を感じます。その違和感の正体は判然としませんが、、、

大宅臣おおみやけのおみ

大宅臣おおみやけのおみは、古事記によると、

孝昭天皇の第一子であるところの天押帯日子あめおしたらしひこ命の後裔で、和爾16氏の一つ(ちょっと意訳)

と紹介されています。

柴籬宮しばかきのみや

柴籬宮しばかきのみやは、大阪府羽曳野市上田にある柴籬神社しばかきじんじゃが伝承地となっていますが、それを裏付ける遺物が発見されたわけではないので、あくまでも伝承地です。

 

スポンサーリンク