日本書紀|第十九代 允恭天皇⑪|天皇崩御と新羅の弔問

スポンサーリンク

哭礼こくれいの儀式

允恭42年 癸巳みずのとのみ 453

正月十四日 天皇が崩御されました。享年、若干そこばくでした。

このとき、新羅王は、天皇崩御の報を聞き、驚き悲しんで、みつぎの船を八十艘、種種の楽人を八十人、献上しました。

対馬で停泊しては大きな声で泣き、筑紫に着いてもまた大きな声で泣き悲しみ、難波に着くと、素服を着替えて、多くの調を捧げ、種種の楽器を整えて、難波から京に至るまで、大声で泣き、或は、歌い舞りながら殯宮もがりのみやに参列しました。

ウネメハヤ ミミハヤ

十一月 新羅の弔使らは喪礼を終え、国に帰りました。新羅人は京城みやこの近くの耳成山みみなしやま畝傍山うねびやまを愛で、琴引坂ことひきさかに至って、振り返り、

「ウネメハヤ ミミハヤ」(新羅訛りで)

と言いました。これは、まだ日本の言葉を習熟していなかったため、畝傍山うねびやまを「ウネメ」といい、耳成山みみなしやまを「ミミ」と言ったのです。

しかし、倭の飼部うまかいべが新羅人に従っていて、これを、”新羅人が釆女うねめと通じた” と疑い、大泊瀬皇子おほはつせのみこ(後の雄略天皇)に報告しました。

皇子はすべての新羅の使者を捕らえて調べました。

新羅の使者は

釆女うねめを犯したことなどありません。ただ、みやこの近くの二つの山を愛でて言っただけです」

と述べた。それで、間違いだということが判り、釈放されました。しかし、これには新羅人も大いに恨み、貢ぐ品物や船の数を減らしてしまいました。

十月十日 天皇を河内長野原陵かわちのながののはらのみささぎに埋葬申し上げました。

 原 文

卌二年春正月乙亥朔戊子、天皇崩、時年若干。於是新羅王、聞天皇既崩而驚愁之、貢上調船八十艘及種々樂人八十、是泊對馬而大哭、到筑紫亦大哭、泊于難波津則皆素服之、悉捧御調且張種々樂器、自難波至于京、或哭泣或儛歌、遂參會於殯宮也。

冬十一月、新羅弔使等、喪禮既闋而還之。爰新羅人、恆愛京城傍耳成山・畝傍山、則到琴引坂、顧之曰「宇泥咩巴椰、彌々巴椰。」是未習風俗之言語、故訛畝傍山謂宇泥咩、訛耳成山謂瀰々耳。時、倭飼部、從新羅人聞是辭而疑之以爲、新羅人通采女耳、乃返之啓于大泊瀬皇子。皇子則悉禁固新羅使者而推問、時新羅使者啓之曰「無犯采女。唯愛京傍之兩山而言耳。」則知虛言、皆原之。於是新羅人大恨、更減貢上之物色及船數。

冬十月庚午朔己卯、葬天皇於河內長野原陵。

 ひとことメモ

若干そこばく

我々は「若干」というと「じゃっかん」と読んで、若いとか、少ないとかという意味で捉えますが、古語の若干は、すごくとか、すごく多いとかという意味もあるのです。

ですから、この場合の「享年若干」は、「享年は良くわからないが長生きでした」というような意味かと思います。

新羅人の弔問

「泣き叫びながらやってくる」という様子は、中国や朝鮮における「泣き女」の風習を思い起こさせます。儒教における「哭礼こくれいの儀式」です。

親族は泣き叫ぶことが出来ないから、周囲の人が変わりに大声で泣き叫んであげるという考え方で、葬儀におけるマナーだったとのこと。

その様子を表しているのでしょう。

河内長野原陵かわちのながののはらのみささぎ

河内長野原陵かわちのながののはらのみささぎには、允恭天皇(いんぎょうてんのう)恵我長野北陵とえがのながののきたのみささぎして市野山古墳に治定されています。墳長230mの前方後円墳で、全国19位の大きさです。

16代仁徳、17代履中、18代反正の各天皇陵が百舌鳥古墳群にあったのに対して、允恭天皇は日本武尊、14代仲哀、15代応神と同じ古市古墳群にあります。

 

スポンサーリンク