第四代 懿徳天皇|

大日本彥耜友天皇(おほやまとひこすきとものすめらみこと)
第四代 懿德(いとく)天皇

スポンサーリンク

即位前

大日本彥耜友天皇(=懿德天皇)は、磯城津彥玉手看天皇(=安寧天皇)の第二子です。母は渟名底仲媛命(ぬなそこなかつひめのみこと)とおっしゃり、事代主神の孫、鴨王(かものきみ)の娘です。

安寧11年

春 正月一日に皇太子になられました。御年16歳でした。

安寧38年

冬 十二月 磯城津彥玉手看天皇が崩御されました。

 原文

大日本彥耜友天皇 磯城津彥玉手看天皇第二子也。母曰渟名底仲媛命 事代主神孫 鴨王女也 磯城津彥玉手看天皇十一年正春正月壬戌 立爲皇太子 年十六
卅八年冬十二月 磯城津彥玉手看天皇崩

 かんたん解説

鴨王(かものきみ)

正式名称を ”天日方奇日方命” といいます。

  • 古事記では、大物主神と三嶋溝杙神の娘 ”活玉依姫命” との御子です。
  • 先代旧事本紀では、八重事代主神と三嶋溝杙神の娘 ”活玉依姫命” との御子。
  • 日本書記では、事代主神の孫。

ややこしいのです。

大物主神・事代主神の子であれば、神武天皇の皇后 ”姫踏韛五十鈴姫命” 、綏靖天皇の皇后 ”五十鈴依媛命” の同母兄となります。

三輪氏・賀茂氏の祖となる神です。

即位

懿德元年(前510)

二月四日 皇太子は天皇に即位されました。

八月一日 磯城津彥玉手看天皇を畝傍山南御陰井上陵(うねびのやまのみなみのみほとゐのかみのみささぎ)に埋葬申し上げました。

九月十四日 安寧天皇の皇后を尊んで、皇太后と申し上げました。

この年 太歳辛卯(かのとのう)でした。

 原文

元年春二月己酉朔壬子 皇太子卽天皇位 秋八月丙午朔 葬磯城津彥玉手看天皇於畝傍山南御陰井上陵 九月丙子朔乙丑 尊皇后曰皇太后 是年也 太歲辛卯

 かんたん解説

安寧天皇の御陵

畝傍山南御陰井上陵は、奈良県橿原市吉田町にある御陵です。現在「畝傍山西南御陰井上陵」と名付けられる通り、畝傍山の西南の自然丘に比定されています。

御陰井という井戸があることから名づけられたとか。

御陰(ホト)は、女陰のことを指す古語ですが、女陰のような井戸とは何を意味しているのでしょうかね。

もう一つの御陰井

葛城市長尾にある長尾神社。ここにも御陰井があります。この井戸には白蛇が封印されていると言われています。

この長尾神社は、社名にある通り長い尾の先にある神社という意味で、その尾は大蛇らしいです。

その大蛇は三輪山を何重にも取り巻いていて、頭が大神神社で、尾が長尾神社。胴体には「石園坐多久虫玉神社」が鎮座しているといいます。

「石園坐多久虫玉神社」と言えば、安寧天皇の宮「浮孔宮」の伝承地の一つです。

なんか、つながるような、つながらないような、微妙な発見でした、、、

懿徳天皇の宮と皇后

懿德2年(前509)

春 正月五日 都を輕(かる)に遷しました。これを曲渓宮(まがりをのみや)といいます。

二月十一日 天豊津媛命(あまとよつひめのみこと)を皇后とされました。

ある話では、磯城縣主葉江(はえ)の弟の猪手(いて)の娘で泉媛(いづみひめ)とも伝わります。
ある話では、磯城縣主太眞稚彥(ふとまわかひこ)の娘の飯日媛(いひひひめ)とも伝わります。

皇后は、観松彥香殖稲天皇(みまつひこかえしねのすめらみこと)をお生みにまりました。

ある話では、天皇の同母弟の武石彥奇友背命(たけしひこあやしともせのみこと)とも伝わります。

 原文

二年春正月甲戌朔戊寅 遷都於輕地 是謂曲峽宮 二月癸卯朔癸丑 立天豊津媛命爲皇后一云 磯城縣主葉江男弟猪手女泉媛 一云 磯城縣主太眞稚彥女飯日媛也 后 生觀松彥香殖稻天皇一云 天皇母弟武石彥奇友背命 

 かんたん解説

曲渓宮(まがりをのみや)

奈良県橿原市白樫の住宅地内に伝承地の板碑が立っています。橿原市の南端で、もうすぐ南は明日香村。

高取川の畔で、北に畝傍山、東に甘樫丘、西に吹貝山を望む、風光明媚な場所だったのではないでしょうか。

3人の皇后伝承

またもや皇后伝承が3つ。

天豊津媛命

3代安寧天皇と渟名底仲媛命皇后の第一皇子である息石耳命(おきそみみ)の娘です。

4代懿徳天皇もまた、3代安寧天皇と渟名底仲媛命皇后の第二皇子ですから、同母兄の娘(姪)を皇后にしたということになります。

泉媛

磯城縣主葉江(はえ)の弟の猪手(いて)の娘。葉江の弟ということは、猪手もまた弟磯城黒速の子ということになります。

父の安寧天皇には、葉江の娘が妃に入りましたから、弟磯城黒速と大王家の繋がりの深さが見て取れます。

だって、弟磯城は神武の大和進入時の功労者ですし。三輪山の祭主ですし。

飯日媛

磯城縣主太眞稚彥(ふとまわかひこ)の娘。

立太子

懿德22年(前489)

春 二月十二日 観松彥香殖稲尊を皇太子とされました。御年18歳でした。

 原文

廿二年春二月丁未朔戊午 立觀松彥香殖稻尊 爲皇太子 年十八

崩御

懿德34年(前477)

秋 九月八日 懿德天皇が崩御なさいました。

 原文

卅四年秋九月甲子朔辛未 天皇崩

 

スポンサーリンク