第八代 孝元天皇|

大日本根子彦国牽天皇(おほやまとねこひこくにくるのすめらみこと)
第八代 孝元(こうげん)天皇

スポンサーリンク

即位前

大日本根子彦国牽天皇(=孝元天皇)は、大日本根子彦太瓊天皇(=孝霊天皇)の皇太子です。母は細媛命(くわしひめのみこと)で、磯城縣主大目(しきのあがたぬしおほめ)の娘です。

孝霊三十六年

春正月に皇太子となられました。十九歳でした。

孝霊七十六年

春二月に孝霊天皇が崩御されました。

 原文

大日本根子彦國牽天皇 大日本根子彦太瓊天皇太子也 母曰細媛命 磯城縣主大目之女也 天皇 以大日本根子彦太瓊天皇卅六年春正月 立爲皇太子 年十九 七十六年春二月 大日本根子彦太瓊天皇崩

 

即位と宮

孝元元年(前214)

正月十四日 皇太子が天皇に即位されました。この年は太歳丁亥でした。

孝元4年(前211)

三月十一日 都を輕(かる)の地に遷されました。これを境原宮(さかいはらのみや)といいます。

 原文

元年春正月辛未朔甲申 太子卽天皇位 尊皇后曰皇太后 是年也 太歲丁亥 四年春三月甲申朔甲午 遷都於輕地 是謂境原宮

 かんたん解説

軽境原宮

境原宮の伝説地は、奈良県橿原市大軽町や見瀬町周辺にあったと伝わっています。

現在、見瀬町の牟佐坐神社は、かつて「境原天神」と称していたらしく、それを以って宮跡にあたると考え、鳥居へと続く参道の脇に「軽境原宮阯」の石碑が建てられています。

すぐちかくに、4代懿徳天皇の曲峽宮跡もありますので、合わせての見学をお勧めします。

 

先帝の御陵

孝元6年(前209)

九月六日 孝霊天皇を片丘馬坂陵(かたをかのうまさかのみささぎ)に埋葬申し上げました。

 原文

六年秋九月戊戌朔癸卯 葬大日本根子彦太瓊天皇于片丘馬坂陵

 かんたん解説

片丘馬坂陵

片丘馬坂陵は、奈良県北葛城郡王寺町本町3丁目の自然丘に治定されています。

延喜式の諸陵寮に、陵域は550m四方で、守戸5世帯で管理していた遠陵だとしていますが、場所がわからなくなり、江戸時代中期の探索で現在地に治定したといいます。

これまでの歴代天皇の御陵は、畝傍山周辺か御所市内に密集していますが、孝霊天皇の御陵だけが遠く離れた王寺町にあります。

孝霊天皇の廬戸宮も、歴代天皇の宮から遠く離れた田原本町にありましたよね。何なんでしょうか。

皇后と皇子

孝元7年(前208)

二月二日 天皇は鬱色謎命(うつしこめのみこと)を皇后とされました。

皇后は、二男一女をお生みになられました。

  • 第一子は大彦命(おほひこのみこと)
  • 第二子は稚日本根子彦大日日天皇(わかやまとねこひこおほひひのすめらみこと)
  • 第三子は倭迹迹姫命(やまとととひめのみこと)ある話では、天皇と同母の弟の少彦男心命(すくなひこをこころのみこと)とも伝わります。

妃の伊香色謎命(いかがしこめのみこと)は、

  • 彦太忍信命(ひこふとおしのまことのみこと)

をお生みになりました。

妃の河内青玉繫(かふちのあをたまかけ)の娘の埴安媛(はにやすひめ)は、

  • 武埴安彦命(たけはにやすひこのみこと)

をお生みになりました。

さて、長男の大彦命(おほひこのみこと)は、

  • 安倍臣(あへのおみ)
  • 膳臣(かしはでのおみ)
  • 阿閉臣(あへのおみ)
  • 狭狭城山君(ささきのやまのきみ)
  • 筑紫國造(つくしのくにのみやつこ)
  • 越國造(こしのくにのみやつこ)
  • 伊賀臣(いがのおみ)

の始祖です。

そして、彦太忍信命(ひこふとおしのまことのみこと)は、

  • 武内宿禰(たけうちのすくね)

の祖父となる人です。

 原文

七年春二月丙寅朔丁卯 立欝色謎命爲皇后 后生二男一女 第一曰大彦命 第二曰稚日本根子彦大日々天皇 第三曰倭迹々姬命一云 天皇母弟少彦男心命也 妃伊香色謎命 生彦太忍信命 次妃河內靑玉繋女埴安媛 生武埴安彦命 兄大彦命 是阿倍臣・膳臣・阿閉臣・狹々城山君・筑紫國造・越國造・伊賀臣 凡七族之始祖也 彦太忍信命 是武內宿禰之祖父也

 かんたん解説

皇后:鬱色謎命(うつしこめ)

出自は次の開化天皇記で述べられていますが、穂積臣の遠祖となる欝色雄命の妹です。

欝色雄命は、饒速日命6世孫の大水口宿禰命の子とされていますから、饒速日尊の直系となりましょう。なので後裔の穂積氏は物部氏の正統といわれるのです。

いよいよ皇統に物部氏が関与してきました。これが後の世に大きな影響を与えることになるのですが、、、

皇后の生んだ子について少しだけ、、、

大彦命

崇神天皇の御代に、四道将軍の一人として大活躍します。娘は崇神天皇の皇后です。

倭迹迹姫命

孝霊天皇の皇女に、大物主神と結婚したという倭迹迹日百襲姫命がいました。名前がよく似ていますが別の姫です。

”ある話では、天皇と同母の弟の少彦男心命(すくなひこをこころのみこと)とも伝わります。”

という注釈の意味が分かりにくいですね。

ヒントは古事記にあります。

孝元天皇が穗積臣(ほづみのおみ)らの祖の内色許男命(ウツシコヲの命)の妹の内色許賣命(ウツシコメの命)を娶って生まれた御子は、

  • 大毘古命(オホビコの命)
  • 少名日子建猪心命(スクナヒコタケイココロの命)
  • 若倭根子日子大毘毘命(ワカヤマトネコヒコオホビビの命)

の三人でした。

おそらくですが、日本書記の少彦男心命と、古事記の少名日子建猪心命は同一人物だと思われます。

ですから、”ある話では、天皇と同母の弟の少彦男心命(すくなひこをこころのみこと)とも伝わります。” の意味は、

  • 第三子は倭迹々姬命ではなく少彦男心命だったのかもよ
  • 少彦男心命を合わせた4人兄弟だったのよ

のいずれかだと思います。

妃:伊香色謎命(いかがしこめ)

物部氏の遠祖であるところの大綜麻杵の娘。伊香色雄命の妹といった方がわかりやすでしょうか。一緒か、、、

皇后の鬱色謎命もスゴイ子達を産みましたが、この姫もスゴイ姫なんです。

  • 孝元天皇の妃として、あの伝説の大臣「武内宿禰」の父親「彦太忍信命」を生みました。スゴイ。
  • 開化天皇の皇后として、あの御肇国天皇の称号を持つ「崇神天皇」を生みました。スゴイ。
  • 当然ながら、垂仁天皇は孫となります。スゴイ。

妃:埴安媛

逆に、この姫は可哀想な姫です。

埴安姫神というと、伊弉冉尊が火の神カグツチを生んだがために陰部に大火傷を負い、苦しんでいるときに漏らした大便から生まれた神で、土器などを造る粘土の神とされています。

ウンコさんを連想させる名前とは、、、可哀想。

さらに、子供の「武埴安彦命」が10代崇神天皇に謀反を起こして誅殺されます、、、可哀想。

立太子

孝元22年(前193)

正月十四日 稚日本根子彦大日日尊を皇太子に立てられました。十六歳でした。

 原文

廿二年春正月己巳朔壬午 立稚日本根子彦大日々尊 爲皇太子 年十六

崩御

孝元57年(前158)

九月二日 孝元天皇が崩御された。

 原文

五十七年秋九月壬申朔癸酉 大日本根子彦牽天皇崩

 

スポンサーリンク