日本書紀|第十六代 仁徳天皇⑰|連理の木・白鳥陵守・官船

スポンサーリンク

連理の木

仁徳58年 庚午(かのえのうま) 370

五月 荒陵あらはかの松林の南の道に、あっというまに二つの歷木くぬぎが生えてきて、道を挟んで上の方が一つに合わさりました。

十月 くれ国・高麗こま国が、並んで朝貢しました。

 原 文

五十八年夏五月、當荒陵松林之南道、忽生兩歷木、挾路而末合。冬十月、吳國・高麗國、並朝貢。

 ひとことメモ

連理の木

根とか幹は別々の木だけど、上の方の幹や枝が一つに合わさった木のことを、連理れんりの木とか連理木れんりぼくとかといいます。

中国で,王者の徳によって太平の世が実現されたことを知らせる、祥瑞しょうずい(めでたいしるし)の一つとされています。

下鴨神社の連理の木

祥瑞

さあ今ここに、連理の木が現れました。祥瑞です。よって目出度いことが起こります。

その目出度いことというのが、まさしく呉国と高麗国の朝貢なのでしょう。

呉と高麗という大国と友好関係になったのは、仁徳天皇の徳のお蔭だよということが言いたかったのでしょう。

 

白鳥陵の陵守

仁徳60年 壬申(みずのえのさる) 372

十月 白鳥陵守しらとりのみささぎもりらを役丁えよほろにしようとしました。

天皇が自らその仕事場に行かれると、陵守はかまもり目杵めきが、たちまち白鹿になって逃げ去りました。

天皇はみことのりして

「この陵にはもともと空っぽであるからして、ここの陵守を役丁にしようと思ったのだが。今、この不思議な事を見るにつけ、はなはだもって畏れ多い。陵守は動かすまい。」

とおっしゃいました。

そして再び、陵守を土師連はじのむらじ(はじのむらじ)らに授けました。

 原 文

六十年冬十月、差白鳥陵守等、充役丁。時天皇親臨役所、爰陵守目杵、忽化白鹿以走。於是天皇詔之曰「是陵自本空、故、欲除其陵守而甫差役丁。今視是怪者、甚懼之。無動陵守者。」則且、授土師連等。

 ひとことメモ

陵守と役丁

陵守は天皇や皇后の御陵の守衛の任を負う人のこと。世襲制でした。陵守になると、課役が免除されたようです。

役丁は、夫役で集められた人のことを指します。

よって、白鳥陵の陵守に、他の労働をさせようとしたということですね。

空っぽの陵

なぜ陵守を役丁に替えようと思ったか。それは白鳥陵が空っぽだからということでした。

空っぽってどういうこと?

景行天皇45年に、

然遂高翔上天、徒葬衣冠

そして遂に、白鳥は天上へと高く翔け上り、むなしくも衣服と冠だけが葬られました。

とあります。ですから、白鳥陵に遺体は埋葬されていないのです。だから空っぽだと。。。

これが一般的な解釈だと思います。

 

官船を造る

仁徳62年 甲戌(きのえのいぬ) 374

五月 遠江とつおうみ国のみこともち

「大きな樹が、大井河を流れてきて、河の曲がり角で止まりました。それは十囲で、根元部分は一つですが、先が二つに分かれています。」

と報告しました。

そこで、倭直やまとのあたい吾子籠あごこを遣わして、船を造らせ、南海から、難波津なにわのつまで運んで、御船としました。

 原 文

六十二年夏五月、遠江國司表上言「有大樹、自大井河流之、停于河曲。其大十圍、本壹以末兩。」時遣倭直吾子籠、令造船而自南海運之、將來于難波津、以充御船也。

 ひとことメモ

倭直の吾子籠

倭直やまとのあたい吾子籠あごこは、仁徳天皇紀の始めの方で登場しました。

仁徳天皇の兄の額田大中彦皇子ぬかたのおほなかつひこのみこが、「倭屯倉と屯田は山守の土地だから自分が管理する」と、わけのわからんことを言い出したとき、「倭屯倉と屯田は、景行天皇の詔により、天皇だけが管理することのできる土地です」と証言した人です。

スポンサーリンク