日本書紀|第十五代 応神天皇⑧|吉野の国樔人・東漢氏の渡来

スポンサーリンク

国樔人が、朝廷に産物を献上するときの習わし、、、

応神19年 戊申(つちのえのさる) 288

十月一日 吉野宮よしののみや に御幸されました。この時、国樔人くずひと が来て、醴酒こざけ(こざけ)を献上して歌を詠いました。

かしのふに よくすをつくり よくすに かめるおほみき うまらに きこしもちをせ まろがち

檮の生に 横臼を作り 横臼に 醸める大御酒 うらまに 聞こし持ち食せ まろが父

樫の生える林で 横臼を作り、その横臼で 作った御酒を、おいしくお召し上がりください。我等の父(天皇)よ

歌い終わってから、すぐに口を打って、上を向いて笑いました。

今でも、国樔の人が土地の産物を献上するとき、歌が終わってすぐに、口を打って上を向いて笑うのは、思うに上古からの習わしのようです。

国樔の民の人となりは、すごく淳朴で、山の木の実を食べ、また蝦蟆かえる を煮ておいしく料理し食べました。これを毛濔もみ といいます。

その土地は、みやこ の東南の、山を隔てた吉野河の川上にありました。峰が嶮しく谷深く、道は狭く険しいので、京から遠くはないとはいえども、来朝は希でした。

しかし、これ以降は、しばしば産物を献上するために来朝しました。その産物とは、栗・たけ(=きのこ)・年魚あゆ の類です。

 原 文

十九年冬十月戊戌朔、幸吉野宮。時國樔人來朝之、因以醴酒獻于天皇而歌之曰、

伽辭能輔珥 豫區周塢菟區利 豫區周珥 伽綿蘆淤朋瀰枳 宇摩羅珥 枳虛之茂知塢勢 磨呂俄智

歌之既訖、則打口以仰咲。今國樔、獻土毛之日、歌訖卽擊口仰咲者、蓋上古之遣則也。夫國樔者、其爲人甚淳朴也、毎取山菓食、亦煮蝦蟆爲上味、名曰毛瀰。其土、自京東南之、隔山而居于吉野河上、峯嶮谷深、道路狹巘。故雖不遠於京、本希朝來、然自此之後、屢參赴以獻土毛。其土毛者、栗・菌及年魚之類焉。

 ひとことメモ

国樔人

神武軍が、菟田穿邑うだのうがちむらでエウカシを討伐したあと、吉野へ行幸されたときに、岩を押し分けて出てきた尾のある人、それが国樔 くにすの祖先である飫時和句おしわく でした。

「尾がある人」ですので、天孫族から見ると異民族。すなわち吉野の原住民です。でも、神武軍に逆らわなかったので土蜘蛛と呼ぶことはありません。

国栖奏

吉野の浄見原神社きよみはらじんじゃには、その時の所作を盛り込んだ「国栖奏くずそう」の神事が残っています。

神前には、山菓(栗)・醴酒・腹赤の魚・土毛(セリ)・毛濔(ヤマアカガエル)の5品が供えられ、歌、舞踏が奉納されたあと、

檮の生に 横臼を作り 横臼に 醸める大御酒 うらまに 聞こし持ち食せ まろが父

を詠い、口に手をあててのけぞってから礼拝する、

というものです。

 

阿知使主・都加使主の帰化

応神20年 己酉(つちのとのとり) 289

・九月 倭漢直やまとのあやのあたひ の祖の阿知使主あちのおみ とその子の都加使主つかのおみ が一族郎党十七縣を引き連れて来朝しました。

 原 文

廿年秋九月、倭漢直祖阿知使主・其子都加使主、並率己之黨類十七縣而來歸焉。

 ひとことメモ

倭漢やまとのあや は 東漢 やまとのあやとも書き、後漢の皇帝「霊帝れいてい」の後裔を称する渡来系氏族です。

まるで中国系氏族のように聞こえますが、その実態は朝鮮半島南部からの渡来集団と考えられており、あや の由来を任那の「安耶国(安羅・阿那)」に求める説もありますし、機織技術に優れていたからではないかという説もあります。

東漢 やまとのあやは、飛鳥の檜前ひのくまを本拠として、一大勢力を張りました。かつてそこには、東漢氏の中心氏族「檜前氏ひのくまうじ」の氏寺「檜前寺ひのくまでら」があり、飛鳥寺や法隆寺西院に匹敵する大きな寺院だったとこのと。渡来系氏族としては秦氏に並ぶ勢いだったそうです。

今、その跡に於御阿志おみあし神社があり、東漢氏やまとのあやうじの祖である阿知使主あちのおみとその妻が祀られています。

スポンサーリンク