日本書紀|第二十一代 雄略天皇㉔|住吉津と磯歯津路をつなぐ呉坂

スポンサーリンク

呉国との交流

雄略14年 庚戌かのえのいぬ 470

正月十三日 身狭村主靑むさのすくり あおらが、呉国の使者とともに呉が献上した手末てなすえ才伎てひと漢織あやはとり呉織くれはとり、そして衣縫きぬぬいの兄媛・弟媛をつれて、住吉津すみのえのつに泊まりました。

是月 呉からの客のために、磯歯津路しはつのみちに通じる道を造りました。名を呉坂くれさかといいます。

三月 臣や連に命じて、呉の使者を迎えさせ、呉人を檜隈野ひのくまののに住まわせたました。よって、この地を呉原くれはらといいます。また、衣縫きぬぬひの兄媛を大三輪神おほみわのかみに奉り、弟媛を漢衣縫部あやのきぬぬひべとされました。

漢織あやはとり呉織くれはとり衣縫きぬぬひは、飛鳥衣縫部あすかのきぬぬひべ伊勢衣縫いせのきぬぬひの先祖です。

 原 文

十四年春正月丙寅朔戊寅 身狹村主靑等 共吳國使 將吳所獻手末才伎・漢織・吳織及衣縫兄媛・弟媛等 泊於住吉津 是月 爲吳客道通磯齒津路 名吳坂

三月 命臣連迎吳使 卽安置吳人於檜隈野 因名吳原 以衣縫兄媛奉大三輪神 以弟媛爲漢衣縫部也 漢織 吳織衣縫 是飛鳥衣縫部 伊勢衣縫之先也

 ひとことメモ

住吉津すみのえのつ

住吉津すみのえのつは、住吉大社の南を流れる細い川の河口にあった入り江の港です。淀川河口付近の難波津に比べて、大和へのアクセスが良いことから、表玄関としての機能を持つようになったと思われます。

後の遣隋使や遣唐使も、住吉津から出航していったといいます。

磯歯津路しはつのみち

磯歯津路しはつのみちは、古代の大阪を東西に走っていた古道です。そのルートははっきりとはわかってませんが、おそらくは、今の長居公園通りが磯歯津路しはつのみちだったのではないかと言われれいます。

大阪平野を最短ルートで横切って、八尾市あたりからは平野川か長瀬川に沿って大和国に入ったものと考えます。

呉原

高市郡明日香村檜前ひのくまの東隣に栗原くりはらという地名があります。ここが檜隈野ひのくまの呉原くれはらでしょう。呉原くれはらが訛って栗原くりはらになったということですね。

檜前は、応神天皇の御代に渡来した東漢氏やまとのあやうじが住む場所。今ここに、呉からの渡来人が住むことになりました。

このように、飛鳥は、先進技術を持った渡来人が集結するエリア、いわば古代日本のシリコンバレーのようなエリアだったのではないかと想像します。

そして、この渡来系氏族を上手に使って勢力を拡大していったのが、蘇我氏です。

スポンサーリンク