日本書紀|第二十一代 雄略天皇㉕|あれは大草香皇子の玉縵ではないか!

スポンサーリンク

根使主ねのおみ玉縵たまかづら

四月一日 天皇は呉人をもてなそうと思われて、群臣に順番に

「饗応約は誰がよいか」

と尋ねられました。群臣は口をそろえて、

根使主ねのおみがよろしいかと」

と言いました。

そこで、天皇は、根使主ねのおみに命じて饗応役とし、石上高抜原いそのかみのたかぬきはらで、呉人を饗応されました。その時、密かに舎人を使いに出して、根使主ねのおみの装飾を調べさせました。

舎人は、

根使主ねのおみがお持ちの玉縵たまかづらはたいそう高貴で素晴らしいものでした。皆が、前に使者を迎えた時にも、同じものを着けていましたと申しておりました」

と申し上げました。

天皇は、ご自身で見てみたいと思われて、臣や連に命じて饗応の時と同じ服装で参内させました。

殿前にて引見のとき、皇后が天を仰いで泣きだし、悲しみに咽び泣きしました。

天皇は

「なぜ泣くのか」

と尋ねたところ、皇后は床から降りて、

「あの玉縵は、昔、私の兄の大草香皇子おほくさかのみこが、安康天皇の勅命を奉り、私を陛下に進めた時に、私の為に献上してくれたものです。だから、根使主ねのおみを疑って、不覚にも涙をこぼして泣いてしまいました」

と申し上げました。

 原 文

夏四月甲午朔 天皇欲設吳人 歷問群臣曰「其共食者 誰好乎 」群臣僉曰「根使主可 」天皇 卽命根使主爲共食者 遂於石上高拔原 饗吳人 時 密遣舍人 視察裝飾 舍人復命曰「根使主所著玉縵 大貴最好 又衆人云 前迎使時又亦著之 」

於是 天皇欲自見 命臣連裝如饗之時 引見殿前 皇后 仰天歔欷 啼泣傷哀 天皇問曰「何由泣耶 」皇后避床而對曰「此玉縵者 昔妾兄大草香皇子 奉穴穗天皇勅 進妾於陛下時 爲妾所獻之物也 故 致疑於根使主 不覺涕垂哀泣矣 」

 ひとことメモ

安康天皇紀を参照頂くとよろしいのですが、、、

安康天皇が、仁徳天皇の弟である大草香皇子に使者を出して、その妹を弟の泊瀬皇子(雄略天皇)の妃として迎えたいと要請した。

大草香皇子は「この上なく有難いお話。お受けしたい。その契りとして玉鬘を天皇に献上する」と使いの者に渡した。

その使いの者はその玉鬘を盗むために、「お前の弟なんかに妹をやるわけないだろうと言ってました」とウソの報告をした。怒った天皇は大草香皇子を誅殺した。その使いはまんまと玉鬘を盗んだ。

その使いというのが、根使主ねのおみだったのです。

 

根使主ねのおみを誅殺

天皇はこれを聞いて激怒し、根使主ねのおみを責めると、根使主ねのおみ

「おっしゃるとおりです。私めの過ちです」

と答えたので、天皇は詔して、

根使主ねのおみは、今より後は、子々孫々に至るまで、群臣としてはならない」

と命じ、これを斬ろうとしましたが、根使主ねのおみは逃亡し、日根ひね稲城いなきを造って籠城しましたが、最後には皇軍に殺されました。

そして天皇は役人に命じて、子孫を二つに分け、その一を大草香部民おほくさかべのたみとして皇后に封じ、もう一を茅渟縣主ちぬのあがたぬしにお与えになり、負嚢者ふくろかつぎびととされました。

そしてすぐに、難波吉士日香香なにはのきし ひかかの子孫を探し出して、姓をお与えになり、大草香部吉士おほくさかべのきしとなりました。この日香香ひかからの記事は安康天皇紀にあります。

事件後、小根使主おねのおみ 小根使主おねのおみ根使主ねのおみの子である が、夜に寝転んで、

「天皇の城は堅固でないが、我が父の城は堅固だ」

と言ったのを、天皇が人づてにお聞きになり、人を遣わして根使主ねのおみの家を調べさせたところ、その言葉の通りだったので、これを捕らえて殺しました。根使主ねのおみの子孫が坂本臣さかもとのおみとなったのは、これが始まりです。

 原 文

天皇聞驚大怒 深責根使主 根使主對言「死罪々々 實臣之愆 」詔曰「根使主 自今以後 子々孫々八十聯綿 莫預群臣之例 」乃將欲斬之 根使主逃匿 至於日根造稻城而待戰 遂爲官軍見殺 天皇命有司 二分子孫 一分爲大草香部民以封皇后 一分賜茅渟縣主爲負嚢者

卽求難波吉士日香々子孫賜姓爲大草香部吉士 其日香々等語在穴穗天皇紀 事平之後 小根使主 小根使主 根使主子也 夜臥謂人曰「天皇城不堅 我父城堅 」天皇傳聞是語 使人見根使主宅 實如其言 故收殺之 根使主之後爲坂本臣 自是始焉

 ひとことメモ

難波吉士日香香なにはのきし ひかかの子孫

日香香については、安康天皇紀を参照していただくのがいいのですが、、、

主人を殺された難波吉士日香香なにはのきし ひかかの父子3人は悲しみ嘆いて、「御存命の折に仕えた我ら、亡くなって従わずとは、なんで忠臣と言えようか!」と叫んで殉死した。

という出来事があったのです。その子孫を探し出して、取り立ててやったという次第。

スポンサーリンク