日本書紀|第二十一代 雄略天皇㉖|秦酒公「うづまさ」の姓を賜る。養蚕推奨で秦氏が全国へ。

スポンサーリンク

秦のうずまさ

雄略15年 辛亥かのとのゐ 471

秦民はだのたみを臣連等に分散し、各々が自由に使って、秦造はだのみやつこには任せていなかった。このため、秦造酒はだのみやつこさけは気に病みながら、天皇に仕えていました。

天皇は秦酒公はだのさけのきみが気に入っておられたので、詔して秦民を集めて秦酒公にお与えになられました。

きみ百八十種ももあまりやそくさすぐり(村主)の率いることとなり、庸調として絹やかとりを献上し、朝庭にうず高く積み上げげました。これにより、禹豆麻佐うつまさの姓を与えられました。 ある話では、「禹豆母利麻佐うつもりまさ」とは、すべてを積み上げた形のことをいう」とのこと。

 原 文

十五年 秦民 分散臣連等 各隨欲駈使 勿委秦造 由是秦造酒 甚以爲憂而仕於天皇 天皇愛寵之 詔聚秦民 賜於秦酒公 公 仍領率百八十種勝 奉獻庸調絹縑 充積朝庭 因賜姓曰禹豆麻佐 一云「禹豆母利麻佐」皆盈積之貌也

 ひとことメモ

秦氏はたうじ

秦氏はたうじは、応神天皇の御代に渡来した弓月君ゆずきのきみが引き連れてきた一族。弓月君は、しん始皇帝しこうていの末裔とされます。渡来規模は、なんと1万人規模だったとか。

渡来した当初は、大分県の宇佐あたりを本拠とし、その後は中央政権へと進出。畿内の各地に定着していきました。有名なところでは、京都の太秦、京都の深草、大阪府寝屋川市の太秦など。

秦氏は、土木、養蚕、機織などの技術に長けていました。仁徳天皇の御代に行われた河内の治水事業、すなわち、堀江の掘削や茨田堤の建設は、秦氏の技術者によるものとされます。

太秦うずまさ

このように、各地に土着していった秦の一族は、その技術の高さから重宝がられたでしょう。ですから、次第に中央のおみむらじたちにいいように使われ出し、秦造はだのみやつこの管理から外れてしまいました。

この分散した秦の民を、再び集約したのが秦酒公。数万人の秦の民を手中に治めた秦酒公は、それはそれは儲かったでしょうな。

ということで、秦氏は巨大氏族に戻り、献上品をば、うずたかく積み上げることができたということです。

こんなことで、巨大な秦氏なので「太秦」。そしてこれを「うずまさ」と読ませるのです。

 

養蚕推奨

雄略16年 壬子みずのえのね 472

七月 詔して、桑に適した国や縣に桑の栽培を奨められました。また、秦民を分けて各地に住まわせて、庸調を献上させました。

十月 漢部あやべを集めて、伴造者とものみやつこのひとを定め、あたいかばねをお与えになられました。 ある書では、「漢使主あやのおみらにあたいの姓をお与えになられた」と伝わります

 原 文

十六年秋七月詔 宜桑國縣殖桑 又散遷秦民 使獻庸調

冬十月詔 聚漢部 定其伴造者 賜姓曰直 一云「賜漢使主等 賜姓曰直 」

 ひとことメモ

養蚕、絹織物

天皇は、秦の民を各地に移住させて桑の栽培をさせました。桑の栽培は、すなわち、養蚕。そして絹織物の増産につながります。

庸調を献上させるにとどまらず、中国のように上質な絹織物を輸出して、大陸との交易に役立てようとしたのではないかと思います。シルクロードに乗っかろうとしたのではないかと。。。

結局は中国製の品質には遠く及ばず、次第に衰退していったらしいですが。

スポンサーリンク