日本書紀|第二十一代 雄略天皇㉘|食器職人集団「贄土師部」の始まり

スポンサーリンク

贄土師部にえのはじべ

雄略17年 癸丑みずのとのうし 473

三月二日 詔して、土師連はじのむらじ等に

「朝夕の膳に使う清浄な食器を作る者を献上せよ」

と命じられました。

土師連はじのむらじの祖の吾笥あけが、摂津国つのくに来狭狭村くささのむら(大阪府能勢町)、山背国やましろのくに内村うちのむら(京都市八幡市)と俯見村ふしみのむら(京都市伏見区)・伊勢国の藤形村ふぢかたのむら(三重県津市)及び丹波・但馬・因幡の私有の民部を献上しました。これを、贄土師にえのはじべといいます。

 原 文

十七年春三月丁丑朔戊寅 詔土師連等「使進應盛朝夕御膳淸器者 」於是 土師連祖吾笥 仍進攝津國來狹々村・山背國內村俯見村・伊勢國藤形村・及丹波・但馬・因幡私民部 名曰贄土師部

 ひとことメモ

土師連

11代垂仁天皇の御代。当麻に住む当麻蹴速たいまのけはやと相撲対決(最古の天覧相撲)をして勝ち、当麻の地を与えられた野見宿禰のみのすくね

垂仁天皇の皇后の葬儀の際には、殉死の風習にかわる埴輪の制度を提案して、この功績により「土師臣はじのおみ」の姓が与えられました。

それ以降、代々にわたって、石室の製造、埴輪の製造、古墳の造営、葬儀儀式など、天皇の葬儀の一切を司ることになりました。

ちなみに、石室に使う岩は当麻地方に聳える二上山で採石されたそうです。そして野見宿禰という姓は石工が使うノミに関連すると言われています。

吾笥あけ

土師連の祖とありますが、前述の通り、土師連の祖は野見宿禰のみのすくねです。

土師はじの吾笥あけは、その野見宿禰のみのすくねの直系6世孫である土師小鳥の弟です。ですから、吾笥あけを、土師連の祖というのは変ですね。

想像するに、土師はじの吾笥あけの子孫が贄土師部を統括する一族になったのでしょう。贄土師氏という氏があったかどうかわかりませんが、その贄土師氏?の祖という意味なのだろうと想像します。

それはともかくとして、土師氏は埴輪だけでなく、土器・陶器全般の技術を持っていたということですね。

スポンサーリンク