第五段 一書(6)-②|黄泉の国

スポンサーリンク

黄泉国

その後、伊弉諾尊は伊弉冉尊を追って黄泉(よもつ)に行かれ、共に語られました。

すると伊弉冉尊は、

「愛しい我が夫の尊よ。どうしてもっと早く来てくれなかったのですか。私はすでに黄泉の国の釜の食べ物を食べてしまいましたよ。私は今から寝ところなので、どうか、お願いですから、寝ているところを見ないでくださいな。」

とお願いしました。

伊弉諾尊は、いうことを聞かず、髪に挿していた湯津爪櫛(ゆつつまぐし)を取って、端っこの太い歯を折り、松明のようにして、照らして見てみると、、、

伊弉冉尊の体には膿(うみ)が流れ出し、蛆虫が湧いていました。

今の世の人が、夜に一つ火を灯すのを嫌い、又、夜に櫛を投げるのを嫌うのは、このためです。

この時、伊弉諾尊は大変驚いて、

「知らず知らずのうちに、とんでもなく汚れて穢らわしい国に来てしまっていたのか。」

とおっしゃられ、急いで戻ろうとされました。

伊弉冉尊が恨んで、

「どうしてお願いを聞いてくれなかったのですか!!どうして私に恥をかかせたのですか!!」

とおっしゃり、泉津醜女(よもつしこめ)または、泉津日狹女(よもつひさめ)といいます。八人で追いかけさせ、捕まえようとしました。

そこで、伊弉諾尊は、劒を抜いて、後ろ手に振り払いながら逃げました。

黒鬘(くろきかづら)を投げると葡萄になりました。醜女はこれを見て、採って食べ、食べ終わるとまた追いかけてきました。

伊弉諾尊は、今度は、湯津爪櫛を投げられるとになりました。醜女は、また、それを抜いて食べ、食べ終わるとまた追いかけてきました。

最後には、伊弉冉尊が自ら追いかけて来られました。

原文

然後、伊弉諾尊、追伊弉冉尊、入於黃泉而及之共語時、伊弉冉尊曰「吾夫君尊、何來之晩也。吾已湌泉之竈矣。雖然、吾當寢息、請勿視之。」伊弉諾尊、不聽、陰取湯津爪櫛、牽折其雄柱、以爲秉炬而見之者、則膿沸蟲流。今世人、夜忌一片之火・又夜忌擲櫛、此其緣也。時、伊弉諾尊、大驚之曰「吾不意、到於不須也凶目汚穢之國矣。」乃急走廻歸。于時、伊弉冉尊恨曰「何不用要言、令吾恥辱。」乃遣泉津醜女八人、一云泉津日狹女、追留之。故伊弉諾尊、拔劒背揮以逃矣。因投黑鬘、此卽化成蒲陶、醜女見而採噉之、噉了則更追。伊弉諾尊、又投湯津爪櫛、此卽化成筍、醜女亦以拔噉之、噉了則更追。後則伊弉冉尊、亦自來追。

簡単な解説

黄泉竈食い

黄泉の国の竈で煮炊きした食べ物を食べると、もう現世には戻れないと信じられていたらしいです。

国の食べ物を食べるという行為は、新嘗祭や大嘗祭でも行われます。

こちらは、天皇が各国の食べ物を食べることで、各国を統治することになるという考え方です。「食国を知らす」=「国を統治する」です。

夜に一つ火を灯す

私たちの時代にはもう、このような言い伝えは無かったですが、かつては、夜に明かりを一つけていると、あの世の光景が見えるだとか、見えてはいけないものが見えるなどと言われていたようです。

黄泉醜女(ヨモツシコメ)

黄泉の国にいる女の鬼で、醜という字は「霊力が強い」という意味らしいです。

異形の者は霊力が強いとも言われますし。例えば、手のひらサイズの少彦名神とか、崩れかけた体の久延彦神とか、ホオズキのように赤い目の猿田彦神とか、、、

山葡萄と筍

なぜこの二つの植物によって、伊弉諾尊は逃げることができました。役に立つ植物なのです。

葦が筆頭なのでしょうが、この二つは食べることができますし、山葡萄の蔓は編むことで様々な生活用品に生まれ変わります。筍の皮や竹そのものも同様です。

人間生活の役に立つのです。

天十握剣を後ろ手に振り回す

中国の無敵の剣法「辟邪の剣」の使い方の一つで、邪悪なものを斬らずして追い祓うといいます。

「辟邪」とは中国の神獣で、邪悪なものを避ける習性があったとか。だから「辟邪」。

泉津平坂(よもつひらさか)

 

我国初の夫婦が、我国初の離婚も!

この時、伊弉諾尊は泉津平坂(よもつひらさか)に着いておられました。

ある話では、伊弉諾尊が大樹に小便をされると、それがたちまち大きな川となり、泉津日狹女がその川を渡ろうとする間に、伊弉諾尊は泉津平坂にお着きになられました、といいます。

伊弉諾尊は、千人所引磐石(ちびきのいは)でその境界を塞いで、磐石(いは)を挟んで、伊弉冉尊と向かい合って、離縁を宣告されました。

その時、伊弉冉尊は

「愛しい我が夫よ。そのようなことを言われるのならば、、、私は、、、アナタが治めている国の民を、毎日1000人ずつ首を絞めて殺してしまいます。」

とおっしゃると、こんどは伊弉諾尊は

「愛しい我が妻よ。キミがそう言うなら、私は毎日1500人の民を生もう。」

とお答えになられました。

更に、

「ここを通るな!」

とおっしゃられて、杖を投げられました。

これが神となりました。岐神(ふなとのかみ)とおっしゃいます。

また、帯を投げられると神となりました。長道磐神(ながちいはのかみ)とおっしゃいます。

また、衣(そ)を投げられると神となりました。煩神(わづらひのかみ)とおっしゃいます。

また、褌(はかま)を投げられると神となりました。開齧神(あきくひのかみ)とおっしゃいます。

また、履(はきもの)を投げられると神となりました。道敷神(ちしきのかみ)とおっしゃいます。

泉津平坂(よもつひらさか)とは、特定の場所のことを指すのでしょうか、あるいは、死に際の息を引き取る瞬間のことをいうのでしょうか。

この泉津平坂を塞いでいる磐石を泉門塞之大神(よみとに ふたがるる おほかみ)とおっしゃいます。亦の名を道返大神(ちがへしのおほかみ)とおっしゃいます。

原文

是時、伊弉諾尊、已到泉津平坂。一云「伊弉諾尊、乃向大樹放尿、此卽化成巨川。泉津日狹女、將渡其水之間、伊弉諾尊、已至泉津平坂。」故便以千人所引磐石、塞其坂路、與伊弉冉尊相向而立、遂建絶妻之誓。

時伊弉冉尊曰「愛也吾夫君、言如此者、吾當縊殺汝所治國民日將千頭。」伊弉諾尊、乃報之曰「愛也吾妹、言如此者、吾則當産日將千五百頭。」因曰「自此莫過。」卽投其杖、是謂岐神也、又投其帶、是謂長道磐神、又投其衣、是謂煩神、又投其褌、是謂開囓神、又投其履、是謂道敷神。其於泉津平坂、或所謂泉津平坂者、不復別有處所、但臨死氣絶之際、是之謂歟。所塞磐石、是謂泉門塞之大神也、亦名道返大神矣。

簡単な解説

さあ、ここで遂に二人は離婚します。死別しているので、改めて離婚というのもどうかとは思いますが、神世ですから、、、

人の寿命

伊弉冉尊が「1日に1000人殺す」と言ったことで、人には寿命ができました。といいますか、いつ人が発生したのかが疑問ですが、、、

この時点では、神には寿命は無いのです。

伊弉諾尊の持ち物から現れた神々

基本的に、この時の伊弉諾尊の衣服や持ち物はすべて黄泉国の穢れがついているはずです。

なので、それらを投げて現れた神は、穢れの神となります。穢れを神として扱うことで、穢れを取り除く神に変化して欲しいという考え方だと思います。

岐神(ふなとのかみ)

くなとの神ともいわれ、「来るな処」でまさに「きてはならない所」という意味。また、岐は「ちまた」と読みますが、分かれ道というような意味です。

ですから、道の分岐点、峠、あるいは村境などで、外からの外敵や悪霊の侵入をふせいでくれる神となりましょう。

いわゆる結界でしょうか。

長道磐神(ながちいはのかみ)

長い帯から現れた神。ヨモツシコメのように長い道を追いかけてくる邪霊を、道の端に岩のように立ちはだかって追い払ってくれる神でしょうか。あるいは、遠い所からやってくる邪霊や疫病を司る神でしょうか。

煩神(わづらひのかみ)

「煩い」=わずらい=「患い」です。煩いに取りつかれると「患う」のでしょう。ということで、この神は逆に、邪霊的なもののひとつ「煩いさん」となりましょうか。穢れの一種と考えてもいいですね。

開齧神(あきくひのかみ)

よくわかりません。

「齧」は食べるとか噛むという意味ですので、そこから想像するに、、、飢餓から救う神?

祓戸大神の一員「速開都比売神」のように、口を開けて罪や穢れを食べてしまう神?

堇葵という薬草の呼び名に「齧」があるらしいので、薬の神?

道敷神(ちしきのかみ)

履物から現れたので、履物についてやってくる疫病を防ぐ神、あるいは疫病を司る神ということになりましょう。

スポンサーリンク