第五段 一書(9)|桃は魔除けの果実

スポンサーリンク

第五段 一書(9)

ある書では、このように伝えられています。

伊弉諾尊は、妻に逢おうと思われて、殯の場所に行かれました。

この時、伊弉冉尊は生前のお姿で出迎えられ、話をされました。

しばらくして、伊弉冉尊は伊弉諾尊に

「私の愛しい夫よ。お願いですから、私を見ないでくださいな。」

とおっしゃられ、言い終るとすぐに姿が見えなくなりました。

そこは暗かったので、伊弉諾尊は一片の火を灯されると、そこには伊弉冉尊の膨れ上がった体の上に、八種類の雷(いかずち)がいました。

伊弉諾尊は驚いて逃げ帰ります。この時、雷たちはみな追いかけてきたました。

道の辺(ほとり)に大きな桃の樹があり、伊弉諾尊はその樹の陰に隠れ、桃の実を採って雷に投げつけました。

すると雷たちはみな逃げ去りました。これが、桃で鬼を追い払う由縁なのです。

また、伊弉諾尊は桃の木の杖を投げつけて

「ここからこちらへは、雷は来られない」

とおっしゃいました。この杖を岐神(ふなとのかみ)と申し上げます。

この神の本来の名は来名戸之祖神(くなとのおやのかみ)と申し上げます。

 

さて、八雷(やくさのいかづち)というのは、

  • 首にいるのが大雷(おほいかづち)。
  • 胸にいるのが火雷(ほのいかづち)。
  • 腹にいるのが土雷(つちのいかづち)。
  • 背にいるのが稚雷(わかいかづち)。
  • 尻にいるのが黒雷(くろいかづち)。
  • 手にいるのが山雷(やまのいかづち)。
  • 足の上にいるのが野雷(ののいかづち)。
  • 陰(ほと)の上にいるのが裂雷(さくいかづち)

です。

原文

一書曰、伊弉諾尊、欲見其妹、乃到殯斂之處。是時、伊弉冉尊、猶如生平、出迎共語。已而謂伊弉諾尊曰「吾夫君尊、請勿視吾矣。」言訖忽然不見、于時闇也。伊弉諾尊、乃舉一片之火而視之、時伊弉冉尊、脹滿太高。上有八色雷公、伊弉諾尊、驚而走還、是時、雷等皆起追來、時道邊有大桃樹、故伊弉諾尊、隱其樹下、因採其實、以擲雷者、雷等皆退走矣、此用桃避鬼之緣也。時伊弉諾尊、乃投其杖曰「自此以還、雷不敢來。」是謂岐神、此本號曰來名戸之祖神焉。所謂八雷者、在首曰大雷、在胸曰火雷、在腹曰土雷、在背曰稚雷、在尻曰黑雷、在手曰山雷、在足上曰野雷、在陰上曰裂雷。

簡単な解説

一書(6)では、葡萄と筍に助けられて伊弉諾尊は追手から逃れることができましたが、この書では桃が登場します。

桃は古代中国でも魔除けの霊力があると言われていた果実です。桃の木は仙木と呼ばれ、木の上に番人がいて邪悪なものを取り締まるとか。

また、日本ではひな壇に桃の木を飾ります。これも邪気を払うという意味を込めています。プラス、桃はたくさんの実をつけますので子宝のご利益も合わせて、女の子の成長を願うのです。

古事記では、伊弉諾尊が、助けてくれた桃の実に対して「意富加牟豆美命」(オオカムヅミノミコト=大いなる神の実)という神名を与えたほどです。

陰陽師の安部晴明を祀る晴明神社には、大きな桃のモニュメントがあります。これをさすると厄除けのご利益があるとか。触られて触られて、ピッカピカです。

 

スポンサーリンク