第七段 一書(1)(2)|紀伊国の日前神と伊勢の大神

スポンサーリンク

第七段一書(1)

ある書では、このように伝えられています。

誓約の後のこと。

稚日女尊(わかひるめのみこと)が斎服殿(いみはたどの)におられ、神の衣服を織っておられました。

素戔嗚尊がそれを見て、斑駒(ふちこま)を逆剥にして御殿の中に投げ入れました。稚日女尊は驚いて機織機から落ちて、持っていた梭(ひ)で体を傷つけられ、亡くなられました。

天照大神は素戔嗚尊に

「おまえには邪心がある。おまえとは会いたくない」

とおっしゃられ、天石窟(あめのいはや)に入り、磐戸を閉じてしまわれました。この為、天下は常に暗闇となり、昼夜の違いがなくなってしまいました。

そこで、八十萬の神たちは天高市(あめのたけち)に集まり、話し合いました。

この時、高皇産靈(たかみむすひ)の子に思兼神(おもひかねのかみ)という、思慮深く知恵豊かな神がいらしゃいました。

その思兼神が思いを巡らせ、

「天照大神の御姿を映し出すものを作って、招き寄せ申し上げましょう」

と提案しました。

そこで、石凝姥(いしこりどめ)を鍛冶とし、天香山の金(かね)を採らせて日矛(ひほこ)を作らせました。

また、立派な鹿の皮を丸剥ぎにして、天羽鞴(あめのはぶき)を作らせました。

これを用いてお造りした神が、紀伊国に鎮まり坐す日前神(ひのくまのかみ)です。

原文

一書曰、是後、稚日女尊、坐于齋服殿而織神之御服也。素戔嗚尊見之、則逆剥斑駒、投入之於殿內。稚日女尊、乃驚而墮機、以所持梭傷體而神退矣。故、天照大神謂素戔嗚尊曰「汝猶有黑心。不欲與汝相見。」乃入于天石窟而閉著磐戸焉。於是、天下恆闇、無復晝夜之殊。故、會八十萬神於天高市而問之、時有高皇産靈之息思兼神云者、有思慮之智、乃思而白曰「宜圖造彼神之象、而奉招禱也。」故卽、以石凝姥爲冶工、採天香山之金、以作日矛。又、全剥眞名鹿之皮、以作天羽韛。用此奉造之神、是卽紀伊國所坐日前神也。

簡単な解説

稚日女尊(わかひるめのみこと)

「若く瑞々しい日の女神」という意味の神名です。若い日の女神ですから、天照大神の幼名とも、天照大神の妹とも。

稚日女尊を祀る主な神社の縁起を見ると、、、

  • 神戸の生田神社・・・幼名
  • 和歌山の丹生都比賣神社・・・妹
  • 和歌山の玉津島神社・・・妹
  • 三重の香良洲神社・・・妹
  • 三重の伊射波神社・・・天照大神に仕えた女神

となっていました。

天高市(あめのたけち)

高市は「小高い所にある、祀りの庭」という意味らしいですよ。

石凝姥(いしこりどめ)

鏡作りの名人ということになりますかね。

天孫降臨のときに、瓊瓊杵尊に付き従って天降るよう命じられた五伴緒の一柱になっています。

ちなみに、他の4柱は、天児屋命(あめのこやね)、太玉命(ふとだま)、天宇受売命(あめのうずめ)、玉祖命(たまのおや)です。

それぞれ、鏡・祝詞・神籬・巫女・勾玉の象徴です。五伴緒は、天孫が行う「祭祀」のために召集されたということになりましょう。

日矛(ひほこ)

その石凝姥は、八咫鏡を作る前に、2つの鏡を作ったようです。

その石凝姥は、まずは「日矛」を作り、次に「天羽鞴(あめのはぶき)を用いて作った神=紀州の日前神」を作ったと、この書で記述されていますね。

一般的に、これらは「鏡」だとされています。

さて、紀国一宮の日前宮には、日前神宮(ひのくまじんぐう)と国懸神宮(くにかかすじんぐう)が並んで鎮座しています。

その国懸神宮のご神体が「日矛鏡」なのです。

そして、、、

日前神(ひのくまのかみ)

おとなりの日前神宮のご神体が、「日像鏡」。これが日前神であり、石凝姥が日矛鏡の次に作った鏡なのでしょう。

「日像鏡」は「ひがたのかがみ」と読みます。「日=天照大神を、像=かたどった」ということです。

 

第七段一書(2)

ある書では、このように伝えられています。

日神尊は天垣田(あめのかきた)を御田とされていました。

素戔嗚尊は、春には溝を埋め畔を壊しました。また、秋には稲が豊に実った頃を見計らって、縄を張り巡らして自分のものにしました

また、日神が織殿に居られる時に、斑駒を生きたまま皮を剥いで、その御殿の中に投げ入れました。

これらすべての行為は、どうしようもないほどでした。しかし、日神は親心のような優しいお心で、咎めることなく、恨むこともなく、すべてを大きく穏やかなお心でお許しになられました。

日神が新嘗祭をなさるとき、素戔嗚尊は新宮(にひなへのみや)の御座の下にこっそりと糞をしました。日神は知らずにその席に座ってしまわれました。

それが原因で、日神はすっかりご病気になられました。これには、さすがの日神も堪忍袋の緒が切れて、天石窟に入って、その磐戸を閉じられてしまわれました。

神々は心配して、鏡作部(かがみつくりべ)の遠祖である天糠戸(あめのあらと)という神に鏡を作らせ、忌部(いみべ)の遠祖である太玉(ふとたま)という神に幣を作らせ、玉作部(たまつくりべ)の祖先である豊玉(とよたま)という神に玉を作らせました。

また、山雷(やまつち)という神に命じて、たくさんの榊から多くの玉串を作らせ、野槌(のつち)という神に多くの野薦(のくさ)で多くの玉串を作らせました。

そして、これら品々がすべてのものが集められました。

その時、中臣(なかとみ)の祖先である天兒屋命(あめのこやねのみこと)が神々しい祝詞(のりと)を奉上しました。

すると、日神は磐戸を開けて出てこられました。

この時、鏡を石窟に入れたところ、戸にぶつけて小さな傷がつきました。その傷は今も残っています。この鏡が、伊勢に斎き祭る大神です。

その後、罪を素戔嗚尊に科して、その祓物を求めました。

すなわち、手の爪を吉を呼び込むための物として、足の爪を凶を取り除くための物として、剥ぎ取りました。

また、唾を白い幣とし、鼻水を青い幣とし、祓いの理に従って祓をしました。

原文

一書曰、日神尊、以天垣田爲御田。時、素戔嗚尊、春則塡渠毀畔、又秋穀已成、則冒以絡繩、且日神居織殿時、則生剥斑駒、納其殿內。凡此諸事、盡是無狀。雖然、日神、恩親之意、不慍不恨、皆以平心容焉。及至日神當新嘗之時、素戔嗚尊、則於新宮御席之下陰自送糞。日神、不知、俓坐席上、由是、日神、舉體不平、故以恚恨、廼居于天石窟、閉其磐戸。于時、諸神憂之、乃使鏡作部遠祖天糠戸者造鏡、忌部遠祖太玉者造幣、玉作部遠祖豐玉者造玉、又使山雷者、採五百箇眞坂樹八十玉籤、野槌者、採五百箇野薦八十玉籤。凡此諸物、皆來聚集。

時、中臣遠祖天兒屋命、則以神祝祝之。於是、日神、方開磐戸而出焉。是時、以鏡入其石窟者、觸戸小瑕、其瑕於秡今猶存、此卽伊勢崇祕之大神也。已而、科罪於素戔嗚尊而責其秡具、是以、有手端吉棄物、足端凶棄物。亦以唾爲白和幣、以洟爲靑和幣、用此解除竟、遂以神逐之理逐之。

簡単な解説

天垣田(あめのかきた)

垣田というのは、動物の害を防ぐために周囲を垣で囲った水田のことをいうらしいです。

天津罪

さらにここで、素戔嗚尊の罪が増えました。

串刺(くしさし)
今回は串ではなく縄を使いましたが、同じく泥棒です。

生剥(いきはぎ)
逆剥と同じく、残虐な行為ですし、農耕に必要な馬を殺傷する行為なダメです。

新しく登場した神々

天糠戸(あめのあらと)

この書では、石凝姥命ではなく、その親神の天糠戸が鏡を作ったとなっています。

豊玉(とよたま)

玉祖命のこととされます。

山雷(やまつち)・野槌(のつち)

山雷(やまつち)と野槌(のつち)と対にしてあるのでしょうか。

伊弉冉尊の腐乱した死体の手と足に出現していたのが、山雷(やまつち)と野雷(のつち)でした。

となれば、いずれも雷神ですね。

伊勢に斎き祭る大神

ここで初めて、「天岩戸で使われた鏡が伊勢に祀られている」とあります。

一書の(1)では、「石凝姥の作った日矛鏡と日像鏡は紀伊国の日前宮に祀れれている」とありましたから、この鏡が八咫鏡ということになりましょうか。

それとなく、紀氏の日前宮と伊勢の神宮をアピールしてますね。

スポンサーリンク