第七段 本文|岩戸隠れ

その後の素戔嗚尊の行いは、たいへん非情で手が付けれませんでした。

例えば、、、

天照大神は天狹田と長田を御田としておられましたが、素戔嗚尊は、春に蒔いた種の上に重ねて種を蒔いたり、その畔を壊したり、秋には、天斑駒を御田に放して稲を倒したりしました。

また、天照大神が新穀を召しあがる新嘗の時を見計らって、秘かに新宮に糞をしました。

また、天照大神が神衣を織るために斎服殿(いみはたどの)に居られるときを見計らって、天斑駒の皮を逆さに剥いで、斎服殿の屋根に穴を開けて投げ入れました。この時、天照大神は驚かれて、梭(ひ)で体を傷つけてられました。

このようなことがあり、天照大神は立腹なされ、天石窟(あめのいはや)に入られて、磐戸を閉じて籠ってしまわれました。そのために、国中が常に真っ暗となり、昼夜の交替もわからなくなってしまいました。

そんなことで、八十萬の神たちは天安河辺(あめのやすのかはら)で会合して、祈りの方法を相談しました。

思兼神(おもひかねのかみ)が、深く考えを巡らし、のちのちの遠い先のことまで見通した周到綿密な計画を立案しました。

常世の長鳴鳥(とこよのながなきどり)を集めて、互いに長く鳴かせました。

また、手力雄神(たちからをのかみ)を磐戸の側(わき)に立たせました。

また、中臣連(なかとみのむらじ)の遠祖(とほつおや)の天兒屋命(あめのこやねのみこと)と忌部(いみべ)の遠祖の太玉命(ふとたまのみこと)とに、天香山(あめのかぐやま)のたくさんの榊を根っこごと掘り起こさせ、

上の枝には八坂瓊の五百箇御統(やさかにのいほつみすまる)を掛けさせ、中の枝には八咫鏡(やたのかがみ)【一説には、眞経津鏡(まふつのかがみ)ともいう】 を掛けさせ、下の枝には青い幣(ぬさ)と白い幣を掛けさせて、皆で一緒に御祈祷申し上げました。

また、猿女君(さるめのきみ)の遠祖の天鈿女命(あめのうづめのみこと)が、手に茅を巻きつけた矛を持ち、天石窟戸(あめのいはやと)の前に立って、上手な演技をしました。また、天香山の榊を頭に巻いて飾りとし、日蔭カズラをタスキにして、篝火を焚いて、桶を伏せ置いて、神懸りしました。

この時に、天照大神はこれをお聞きになられ、

「私はあれからずっと石窟に籠っている。きっと、豊葦原中國は夜が続いていると思っていたのに、どうして、天鈿女命はこのように歓喜して笑い楽しんでいるの???」

と思われ、ご自分の手で細めに磐戸を開けて、様子を窺いました。

その時、手力雄神が天照大神の御手をお取りし、引っ張ってお出し申し上げました。

そして中臣神と忌部神が端出之縄(しめ縄)を張り渡し、

「もう入ってはいけませんよ」

と申し上げました。

その後(のち)、神々は素戔嗚尊に罪があるとして、たくさんの供え物を奉納させ、さらに髪を抜いてその罪を償わさせました。【ほかの伝えによると、手足の爪を剥(は)いで償せた、ともいいます】

このようにした後、素戔嗚尊を追放しました。

原文

是後、素戔嗚尊之爲行也、甚無狀。何則、天照大神以天狹田・長田爲御田、時素戔嗚尊、春則重播種子重播種子、此云璽枳磨枳且毀其畔毀、此云波那豆、秋則放天斑駒使伏田中、復見天照大神當新嘗時、則陰放屎於新宮、又見天照大神・方織神衣・居齋服殿、則剥天斑駒、穿殿甍而投納。是時、天照大神、驚動、以梭傷身、由此發慍、乃入于天石窟、閉磐戸而幽居焉。故六合之內常闇而不知晝夜之相代。

于時、八十萬神、會於天安河邊、計其可禱之方。故、思兼神、深謀遠慮、遂聚常世之長鳴鳥使互長鳴。亦、以手力雄神、立磐戸之側、而中臣連遠祖天兒屋命・忌部遠祖太玉命、掘天香山之五百箇眞坂樹、而上枝懸八坂瓊之五百箇御統、中枝懸八咫鏡一云、眞經津鏡、下枝懸靑和幣和幣、此云尼枳底・白和幣、相與致其祈禱焉。又、猨女君遠祖天鈿女命、則手持茅纒之矟、立於天石窟戸之前、巧作俳優。亦、以天香山之眞坂樹爲鬘、以蘿蘿、此云此舸礙爲手繦手繦、此云多須枳而火處燒、覆槽置覆槽、此云于該、顯神明之憑談顯神明之憑談、此云歌牟鵝可梨。

是時、天照大神、聞之而曰「吾比閉居石窟、謂當豐葦原中國必爲長夜。云何天鈿女命㖸樂如此者乎。」乃以御手、細開磐戸窺之。時、手力雄神、則奉承天照大神之手、引而奉出。於是、中臣神・忌部神、則界以端出之繩繩、亦云、左繩端出。此云斯梨倶梅儺波、乃請曰「勿復還幸。」然後、諸神、歸罪過於素戔嗚尊而科之以千座置戸、遂促徵矣、至使拔髮以贖其罪。亦曰「拔其手足之爪贖之。」已而竟逐降焉。

簡単な解説

伊弉諾尊から根の国に追放すると言われた素戔嗚尊が、天照大神に挨拶するために天上へ向かいます。

それを警戒した天照大神から、その心の善悪を詰問され、誓約をすることになりました。

その誓約の中で、五男三女の神々が生まれます。そして誓約の結果は、素戔嗚尊は善と決着したのですが、、、

というのが、第六段本文の内容でしたが、フタを開けると、とてもじゃないが善とは程遠い悪行の数々ですね。

天津罪

高天原で、素戔嗚尊は次のような悪行を働きました。

  • 頻播(しきまき)
    他人が種を蒔いたあとに種を蒔くことで、穀物の成長を阻害する行為。
  • 畔放(あはなち)
    畦を壊すことで、田に張った水を流出される行為。
  • 溝埋(みぞうめ)
    農業用水の供給を妨害する行為。
  • 駒伏(こまふせ)
    農作業を妨害する行為。
  • 逆剥(さかはぎ)
    馬の皮を尾の方から剥ぐ行為。神事の神聖性を侵犯する行為とみなすが、もともとは農耕馬を殺して農作業を妨害する行為の戒め。
  • 糞戸(くそへ)
    神事に際して祭場を糞などの汚物で汚すこと。もともとは、糞尿に呪いをかけて他人の田に蒔く行為とも。

これらは、後に天で素戔嗚尊が犯した罪ということで「天津罪」といわれるようになりました。

天石窟(あめのいはや)

神話上最も有名な「岩戸隠れ」です。

この岩戸はどこにあったのか、、、考えても無駄なことです。

思兼神(おもひかねのかみ)

高皇産霊尊の子とされています。高天原の神々の中にあって、最も思慮深い賢い神様です。

後の天孫降臨の際には、祭は天孫瓊瓊杵尊、政は思兼神が司るよう命じられたほどです。

手力雄神(たちからをのかみ)

こちらは、高天原で最も力の強い神様です。現在ではスポーツの守護神として人気の神様です。

天兒屋命(あめのこやねのみこと)

中臣氏の祖とされ、全国の春日神社に祀られています。祝詞が上手で、出世が上手い。そんな印象を持ちます。

太玉命(ふとたまのみこと)

忌部氏の祖とされています。

岩戸隠れ神話では、天児屋根命とペアで働きますが、記紀では天児屋根命がメインに描かれています。しかし齋部氏(忌部氏)が編纂した古語拾遺では、太玉命がメインに描かれているようです。

そもそも中臣氏と忌部氏は、ともに朝廷で祭祀を司る氏族だったのですが、中臣氏が藤原氏となり勢力を強めていく中で、役職を中臣氏に独占されるようになったそうです。

このようなことから、長年に渡り、忌部氏と中臣氏は争いを続けていたとのこと。

天鈿女命(あめのうづめのみこと)

男性諸君が大好きな天鈿女命。岩戸の前で神懸りしてお踊り狂う様は、我国初のストリップだなどと言われるほど。

それはさておき、

宮中で行われる新嘗祭の前日、天皇の鎮魂を行う儀式「鎮魂祭」が行われます。この時期は、まさに冬至あたり。

太陽神の子孫である天皇の魂力が冬至を迎えて弱くなるため、その復活を祈る儀式です。

その鎮魂祭の中に「宇気槽の儀」という儀式があります。

宇気槽という桶型の箱を伏せて置き、その上に巫女さんが乗って矛で宇気槽の底を突くというものです。

この儀式はまさに、天鈿女命の所作と同じなのです。これによって日神は復活したのですから。

スポンサーリンク