第八弾 本文|八岐大蛇退治

素戔嗚尊は高天原から出雲国の斐伊川(ひいのかは)の上流に降り着かれました。

すると、川上で泣き叫ぶ声が聞こえたので、その声のする方に行くと、老翁と老婆が、一人の童女を間に置いて撫でながら泣き叫んでいるではありませんか。

それを見た素戔嗚尊が、

「おまえたちは誰だ?何故、そんなに泣いているのか?」

とお尋ねになると、

「私は国神で、名を脚摩乳(あしなづち)といい、妻は手摩乳(てなづち)、この童女は私たちの娘で奇稲田姫(くしなだひめ)といいます。

私たちが泣いておりますのは、、、

私たちには、もともと八人の娘がおりました。しかし、毎年、八岐大蛇に呑み込まれてしまったのでございます。今また、この娘が呑まれようとしていますが、免れることは出来ません。だからこのように悲しんでいるのでございます」

と答えました。

すると素戔嗚尊は勅して、

「そういうことなら、お前たち、娘を私に献上しないか?」

とおっしゃいました。

両親は、

「勅のままに、献上いたしましょう。」

と答えました。

そこで素戔嗚尊は、すぐに、奇稲田姬を湯津爪櫛に変身させて、御髻(みみづら)に挿しました。

そして、脚摩乳と手摩乳に、八回繰り返し醸(かも)した強い酒を作らせました。あわせて、桟敷を八面作らせて、それぞれに一つずつ酒桶を置き、酒をたっぷりと入れて待ちました。

しばらくして、とうとう大蛇(をろち)が姿を現しました。

頭と尾とはそれぞれ八つずつあります。眼はホオズキのように赤く、背には松や柏の木が生えていて、その大きさたるや、八つの丘、八つの谷の間に渡るほどです。

酒を見つけた大蛇は、八つの頭をそれぞれの酒桶に入れて飲み、すっかり酔って眠ってしまいました。

その時です。素戔嗚尊が、佩びていた十握剣を抜いて、大蛇をズタズタに切り刻みました。

尾を斬った時、剣の刃が少し欠けましたので尾を裂いて見てみると、中に一振りの剣がありました。これが、いわゆる、草薙剣(くさなぎのつるぎ)です。

別の伝えでは、、、

本来の名は天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)といいます。それは、おそらく大蛇のいる所の上には常に雲の気があったことによって名づけられたのでしょう。日本武皇子(やまとたけるのみこ)の時に、名を改めて草薙剣と呼ばれるようになった、

といわれています。

さて、剣を得た素戔嗚尊は

「これは神剣じゃ。どうしてこれを私のものに出来ようか。」

とおっしゃられて、天神(あまつかみ)に献上されました。

 

こうして後、素戔嗚尊は結婚の地を求めて、出雲の清地(すが)に着きました。

「我が心、なんと清清(すがすが)しいことか。」

とおっしゃりそこに宮を建てられました。なので今、この地を「清(すが)」というのです】

ある伝えによると、、、

その時に、武素戔嗚尊(たけすさのをのみこと)が歌を詠んだ、といいます。その歌は、

八雲やくも立つ 出雲いづも八重垣やへがき 妻籠つまごみに 八重垣作る その八重垣を

出雲に妻と一緒に住む家を造ろうとしたら、幾重もの雲が立ち昇り、まるで八垣根を作って呉れているようだ、我が家の八重垣よ

さて、お二人は結婚されて、子の大己貴神(おほおのむちのかみ、おほあなむちのかみ)をお生みになりました。

そして、勅して、

「我が子の宮の宮司は脚摩乳と手摩乳である。」

とおっしゃられ、二神に名を贈られました。稲田宮主神(いなだのみやぬしのかみ)といいます。

こうして、素戔嗚尊は、遂に根国に向かわれました。

原文

是時、素戔嗚尊、自天而降到於出雲國簸之川上。時、聞川上有啼哭之聲、故尋聲覓往者、有一老公與老婆、中間置一少女、撫而哭之。素戔嗚尊問曰「汝等誰也。何爲哭之如此耶。」對曰「吾是國神、號脚摩乳、我妻號手摩乳、此童女是吾兒也、號奇稻田姬。所以哭者、往時吾兒有八箇少女、毎年爲八岐大蛇所呑、今此少童且臨被呑、無由脱免。故以哀傷。」素戔嗚尊勅曰「若然者、汝、當以女奉吾耶。」對曰「隨勅奉矣。」

故、素戔嗚尊、立化奇稻田姬、爲湯津爪櫛、而插於御髻。乃使脚摩乳・手摩乳釀八醞酒、幷作假庪假庪、此云佐受枳八間、各置一口槽而盛酒以待之也。至期果有大蛇、頭尾各有八岐、眼如赤酸醤赤酸醤、此云阿箇箇鵝知、松柏生於背上而蔓延於八丘八谷之間。及至得酒、頭各一槽飲、醉而睡。時、素戔嗚尊、乃拔所帶十握劒、寸斬其蛇。至尾劒刃少缺、故割裂其尾視之、中有一劒、此所謂草薙劒也。草薙劒、此云倶娑那伎能都留伎。一書曰「本名天叢雲劒。蓋大蛇所居之上、常有雲氣、故以名歟。至日本武皇子、改名曰草薙劒。」素戔嗚尊曰「是神劒也、吾何敢私以安乎。」乃上獻於天神也。

然後、行覓將婚之處、遂到出雲之淸地焉。淸地、此云素鵝。乃言曰「吾心淸淸之。」此今呼此地曰淸。於彼處建宮。或云「時、武素戔嗚尊歌之曰、夜句茂多兔、伊弩毛夜覇餓岐、兔磨語昧爾、夜覇餓枳都倶盧、贈廼夜覇餓岐廻。」乃相與遘合而生兒大己貴神。因勅之曰「吾兒宮首者、卽脚摩乳・手摩乳也。」故、賜號於二神曰稻田宮主神。已而素戔嗚尊、遂就於根國矣。

簡単な解説

斐伊川

島根県・鳥取県・広島県の県境あたりに降る雨を集めて出雲平野を流れる大河です。

今は出雲平野で東に向きを変えて宍道湖に流れ込んでいますが、かつては西向きに流れ、今の神戸川に合流して西の海に流れ込んでいたようです。

この川の上流には、上質の花崗岩がありタタラ製鉄のメッカでした。そんな斐伊川の上流が八岐大蛇退治の舞台となっています。

脚摩乳・手摩乳

古事記では足名椎命・手名椎命

神名の由来はいくつかあります。

  • 足長・手長が訛ったものと解釈して、縄文人(原住民)の首長ではないかとする説
  • 足撫で・手撫でと解釈して、娘の手足を撫でて慈しむ様子を表しているとする説
  • 浅稲(あさいね)・速稲(といね)と解釈して、農業の神とする説
  • 足無しツチ・手無しツチと解釈して、蛇神を表すとする説

さあ、どうでしょうか。

八回繰り返し醸した強い酒

果実や穀物を発酵させると酒になります。発酵とは酵母菌が糖分を分解してアルコールを生成することなのですが、醪中のすべての糖分を分解し尽せません。

何度も繰り返し発酵させることで、できるだけ多くの糖分を分解してアルコール度数を上げようとしたのでしょうか。考えにくいですが。

いすれにしても、酵母菌はアルコール度が20%を超えると死滅します。ですから、20%以上の酒は造れなかったでしょう。

もしも、蒸留技術が伝来していれば、もっともっと強い酒が作れたでしょう。しかし、日本への蒸留酒の伝来は室町時代ごろらしいので、それも考えにくいです。

もっとも、エジプトやメソポタミア地方では紀元前4世紀ごろには蒸留酒があったらしいので、伝来していてもおかしくはないのですが、、、

もしそうなら、日本のアルコール史を覆す大発見ですね。

八岐大蛇の正体

八岐大蛇の様子は、、、

  • 頭が8つ
  • 尾が8つ
  • 目がホオズキのように赤い
  • 体に樹木が生えている
  • 8つの山、8つの谷にまたがる大きさ
  • 尾にある剣で、素戔嗚尊の剣が刃こぼれした

もう、蛇ではないですね。

八岐大蛇退治の舞台となったとされる大呂から横田に掛けての盆地は、多くの山に囲まれ、多くの谷に囲まれています。

これらの谷から流れ来る多くの川が斐伊川に合流するのがこの盆地。

そして盆地からの出口は斐伊川だけ。すなわちボトルネックなのです。ひとたび大雨が降れば、斐伊川は大氾濫したことでしょう。

八岐大蛇の上空には常に雲が湧いていました。

それは毎年訪れて、娘が飲み込まれるということですから、毎年、梅雨時になると氾濫して、人民の多くが被害を被っていたと読めますね。

ホオズキのような赤い目は、タタラ製鉄の燃え盛る炎でしょう。

素戔嗚尊は、この斐伊川の治水に成功したのではないでしょうか。そうすることによって、タタラ製鉄の民を配下に治め、高度な製鉄技術と、その首長の娘を手に入れたということになるのではないでしょうか。

草薙剣・天叢雲剣

天叢雲剣=草薙剣は、素戔嗚尊から天津神に献上され、八咫鏡と八尺瓊勾玉と併せて、天皇家の三種の神器の一つとなりました。

神剣を素戔嗚尊が高天原に献上した行為は、素戔嗚尊が葦原中國の統治を放棄したという解釈をとり、地上世界の統治権は高天原にある、すなわち、国譲りの正統を担保する材料となる、という考え方につながる大変重要な伏線であると思います。

ちなみに、草薙剣は名古屋の熱田神宮のご神体として祀られています。

スポンサーリンク