第九段 一書(1)②|天壌無窮の神勅|皇孫降臨と猿田彦大神

2020年6月22日

スポンサーリンク

三種神器と五部神

そこで、天照大神

「平定されたのであれば、我が子を降らせよう。

おっしゃられました。そして、今まさに天降ろうとした矢先に、皇孫(すめみま)が生まれました。名を天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほのににぎのみこと)とおっしゃいます。

そこで、勝速日天忍穂耳尊は、

「私に代えて、この皇孫を降らせようと思います。」

と申し上げました。

そこで、天照大神は、皇孫の天津彦彦火瓊瓊杵尊に、

  • 八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)
  • 八咫鏡(やたのかがみ)
  • 草薙劒(くさなぎのつるぎ)

三種の宝物(みくさのたから)を授けました。

そして、

  • 中臣の上祖(とほつおや)である天児屋命(あめのこやねのみこと)
  • 忌部(いみべ)の上祖である太玉命(ふとたまのみこと)
  • 猨女(さるめ)の上祖である天鈿女命(あめのうずめのみこと)
  • 鏡作(かがみつくり)の上祖である石凝姥命(いしこりどめのみこと)
  • 玉作(たますり)の上祖である玉屋命(たまのやのみこと)

併せて五部神をお供として従わせました。

そのようにしてから、皇孫に、

「葦原千五百秋之瑞穂国は、我が子孫が王(きみ)として治めるべき地である。皇孫よ、行って統治せよ。さあ行くがよい。皇室の繁栄は天地とともに末永く、窮まることはないであろう。」

と勅されました。

 原文

時天照大神勅曰「若然者、方當降吾兒矣。」且將降間、皇孫已生、號曰天津彥彥火瓊瓊杵尊。時有奏曰「欲以此皇孫代降。」故天照大神、乃賜天津彥彥火瓊瓊杵尊、八坂瓊曲玉及八咫鏡・草薙劒、三種寶物。又以中臣上祖天兒屋命・忌部上祖太玉命・猨女上祖天鈿女命・鏡作上祖石凝姥命・玉作上祖玉屋命凡五部神、使配侍焉。因勅皇孫曰「葦原千五百秋之瑞穗國、是吾子孫可王之地也。宜爾皇孫、就而治焉。行矣、寶祚之隆、當與天壤無窮者矣。」

 かんたん解説

三種の宝物(みくさのたから)

いわゆる、三種の神器です。これを持つことは、日本の統治権を持つに等しいのです。

ちなみに、八尺瓊勾玉と八咫鏡は、天照大神を岩戸から出す祭りで使われたもので、草薙剣は素戔嗚尊が八岐大蛇の尾から切り出したものです。

五部神(いつとものを)

古事記では「五伴緒」と書きます。メンバーは、天照大神を岩戸から出す祭りで登場したメンバーです。祀りを行うに欠かせない神々と言えますね。

皇孫による統治は、祀りによる統治なのです。

今でも、天皇陛下は皇居で、国の繁栄と国民の安寧を願う祀りを行っていらっしゃいます。

葦原千五百秋之瑞穂国

「あしはらちいほあきのみずほのくに」と読みます。葦原中国の美称です。

葦が生い茂って、千年も万年も穀物が豊かにみのる国という意味です。

天壌無窮の神勅

天照大神が瓊瓊杵尊にいった、この勅は「天壌無窮の神勅」といい、「宝鏡奉殿の神勅」「由庭稲穂の神勅」とともに、最も重要な三つの神のお言葉「三大神勅」に数えられています。

「葦原千五百秋之瑞穂国は、我が子孫が王(きみ)として治めるべき地である。皇孫よ、行って統治せよ。さあ行くがよい。皇室の繁栄は、天地が続く限り窮まることはないであろう。」

「この国は皇孫が統治せよ。天地があるかぎり、皇室は(国は)永遠に繁栄する。」という意味です。

神から授かった統治権を持つ根拠となりますから、そりゃあ重要ですよね。

 

猿田彦大神と天鈿女命

天降りしていると、先を見に行っていた者が戻って来て、

「天の分かれ道に、一人の神がいます。鼻の長さは七咫、座高は七尺余り、背丈は七尋(ななひろ)でしょう。口元は明るく輝き、目は八咫鏡のように輝き、酸漿(ほおずき)のような色をしています。」

と報告しました。

とりもなおさず、従神を遣わせて訊ねさせました。多くの神がお供をしていましたが、皆、眼力に圧倒されて尋ねることができません。

そこで、天鈿女命に

「お前の眼力なら勝てるだろう。何処の誰か聞いてくるがよい。」

と勅しました。

天鈿女命は、胸乳を露出し、服の帯を臍の下に垂らし、笑って相手の神に向かい合った。

衢神(ちまたのかみ)が

「天鈿女よ。なんのためにそんなことをするのか。」

と言うと、それに対して天鈿女命は

「天照大神の御子が通られる道に、いるお前はいったいは誰か。敢えて問う。」

と言いました。

衢神は、

「天照大神の御子が天降りて来るところだと聞いた。なので、お迎え申し上げるために待っていたのだ。私は猨田彦大神(さるたひこのおほかみ)である。」

と答えた。天鈿女命が、

「お前は、私の前を行くのか。はたまた、私が先にいくのか。」

と尋ねました。すると、

「私が先に立ってお案内しよう。」

と答えました。

天鈿女命が続けて、

「お前は何処に行くつもりか、皇孫を何処に着くのか。」

と尋ねると、

「天神の子は、筑紫の日向の高千穂の槵触之峯(たかちほのくじふるのたけ)に行かれるのがよかろう。私は伊勢の狹長田(さなだ、さながた)の五十鈴川上(いすずのかはかみ)に行く。」

と答え、さらに、

「私の素性を明らかにしたのはお前である。よって、お前は私を送るべきであろう。」

といいました。

天鈿女命が戻って報告すると、皇孫は、天磐座(あまのいはくら)から離れ、天八重雲(あめのやへたなくも)をかき分けて、神聖な道を分け進んで天降られました。はたして先だっての言葉とおり、高千穂の槵触之峯に御着きになられました。

猨田彦神は伊勢の狹長田の五十鈴の川上に着き、天鈿女命は猨田彦神の願い通りに送り届けました。

そこで、皇孫は天鈿女命に

「お前が素性を明らかにした神の名を姓氏(うぢ)とせよ。」

とおっしゃられました。このようにして猨女君(さるめのきみ)の名が与えられたのです。それ以降、猨女君らは男でも女でも皆「君(きみ)」と呼ばれるのは、このためです。

 原文

已而且降之間、先驅者還白「有一神、居天八達之衢。其鼻長七咫、背長七尺餘、當言七尋。且口尻明耀、眼如八咫鏡而赩然似赤酸醤也。」卽遣從神往問。時有八十萬神、皆不得目勝相問。故特勅天鈿女曰「汝是目勝於人者、宜往問之。」天鈿女、乃露其胸乳、抑裳帶於臍下、而咲㖸向立。是時、衢神問曰「天鈿女、汝爲之何故耶。」對曰「天照大神之子所幸道路、有如此居之者誰也、敢問之。」衢神對曰「聞天照大神之子今當降行、故奉迎相待。吾名是猨田彥大神。」時天鈿女復問曰「汝將先我行乎、抑我先汝行乎。」對曰「吾先啓行。」天鈿女復問曰「汝何處到耶。皇孫何處到耶。」對曰「天神之子、則當到筑紫日向高千穗槵觸之峯。吾則應到伊勢之狹長田五十鈴川上。」因曰「發顯我者汝也。故汝可以送我而致之矣。」天鈿女、還詣報狀。皇孫、於是、脱離天磐座、排分天八重雲、稜威道別道別、而天降之也。果如先期、皇孫則到筑紫日向高千穗槵觸之峯。其猨田彥神者、則到伊勢之狹長田五十鈴川上。卽天鈿女命、隨猨田彥神所乞、遂以侍送焉。時皇孫勅天鈿女命「汝、宜以所顯神名爲姓氏焉。」因賜猨女君之號。故、猨女君等男女、皆呼爲君、此其緣也。

 かんたん解説

猿田彦大神

導きの神として名高い猿田彦神の風貌について、記紀や伝承などをまとめると、

鼻の長さは七咫(ななあた)、背の高さは七尺(ななさか)、目が八咫鏡のように、またホオズキのように輝いていて、白鬚明神と呼ばれていた。

これを人に置き換えると、「鼻が高く、背が高く、目の色が赤く、白髪の人」と想像してしまいますよね。

となれば、北方系のアルビノ。アルビノは、メラニン色素が無い人です。

黄泉醜女=霊力の強い魔女、久延比古=崩れた人=物知り、少彦名=小さい人=技術者、といった事例があるように、

古代人は、一般的ではない特異な人には、特別な神力が備わっていて、神や大王として崇められる存在だったという見解があります。

それと、さきほどの風貌から「天狗」のモデルとなったとも。

スポンサーリンク