第十段 一書(2)|海幸・山幸(異伝)狛犬の起源?

スポンサーリンク

海神の宮

ある書では、このように伝えられています。

門前にいい感じの井戸が一つあり、その井戸のそばには枝葉が大きく茂った桂の木がありました。彥火火出見尊は、その桂の木に飛び上がって登り、枝の上に立ちました。

そこへ、海神の娘の豊玉姫が美しい鋺を持ってやってきて、水を汲もうとしました。井戸の中を見ると、人影が映っていたので仰ぎ見て尊を見つけると、驚きのあまり鋺を落としました。

鋺は割れて砕けてしまいましたが、そんなことは顧みずに大急ぎで戻って、父母に

「井戸のそばの木の上に人がいるのを見ました。男前で品の良い落ち着きのある人です。きっと普通の人とは思えません。」

といいました。

父は不思議に思い、畳を八重に重ねて敷いて迎え入れ座が定まったところで、来られた理由を尋ねました。彥火火出見尊は、その事情を話しました。

海神は不憫に思って、大小のすべての魚を集めて尋ねました。

魚たちは、

「知りません。ただ、赤女(あかめ)だけが口に怪我をしていて来ていません。」

と申し上げました。

[ある話では、口女(くちめ)が口に怪我(けが)をしていたということです。]

そこで、急いで呼び寄せて、口の中を探すと失った釣針が見つかりました。

海神は

「ワレ!口女(くちめ)よ! これから先、餌を飲み込んではならん! また、天孫の供え物になることもできぬ!

と言い渡しました。

口女という魚が天皇の御膳に出されないのは、これが起源です。

原文

一書曰、門前有一好井、井上有百枝杜樹、故彥火火出見尊、跳昇其樹而立之。于時、海神之女豐玉姬、手持玉鋺、來將汲水、正見人影在於井中、乃仰視之、驚而墜鋺、鋺既破碎、不顧而還入、謂父母曰「妾見一人於井邊樹上、顏色甚美、容貌且閑。殆非常之人者也。」時父神聞而奇之、乃設八重席迎入、坐定、因問來意。對以情之委曲、時海神便起憐心、盡召鰭廣鰭狹而問之、皆曰「不知。但赤女有口疾不來。亦云、口女有口疾。」卽急召至、探其口者、所失之針鉤立得。於是、海神制曰「儞口女、從今以往、不得呑餌。又不得預天孫之饌。」卽以口女魚所以不進御者、此其緣也。

簡単な解説

天孫の供え物になることもできぬ!

「天孫に食べて頂けるのは名誉なこと。」という考え方ですね。

ちなみに、昭和天皇はサンマやイワシ・サバといった背の青い魚が好物だったらしいです。

聞くと、本来は平目などの高級魚が出されるのですが、戦時中の物資不足の折に仕方なく料理したサンマのおいしさに感動して、それ以来サンマが大好きになったとか。

もしかしたら、この時のサンマは、サンマ史上初めての「天孫の供え物となる栄誉」が与えられたサンマとなったということになるのでしょうかね。

地上へ帰還

彥火火出見尊が帰ろうとする時、海神は

「このたび、天神の孫が私のところにおいでになられたことは、かたじけなく、心からの慶びであり、いつまでも忘れません。」

と申し上げました。

そして、願いの通りに潮が満つる『潮溢瓊』と、願いの通りに潮が引く『潮涸瓊』を、釣針とともに奉り、

「皇孫よ。多くの曲がり角があるほど遠く離れてしまおうとも、どうか時には思い出して、忘れ去ってしまわれませぬよう、お願いいたします。」

と申し上げました。さらに続けて、

「この釣針をお兄さんに渡す時に、貧鉤(まぢち)・滅鉤(ほろびち)・落薄鉤(おとろへち)と言ってから、後ろ手に投げ捨てて渡しなさい。向かい合って渡してはいけませぬぞよ。

もし、お兄さんが怒って貴方様に害を与えようとした時は、願いの通りに潮が満つる『潮溢瓊』で溺れさせなさい。苦しんで助けを求めたら、願いの通りに潮が引く『潮涸瓊』で救ってあげなさい。このように攻めて悩ませれば、おのずと従ってくるでしょう」と

と、教えました。

原文

及至彥火火出見尊、將歸之時、海神白言「今者、天神之孫、辱臨吾處。中心欣慶、何日忘之。」乃以思則潮溢之瓊・思則潮涸之瓊、副其鉤而奉進之曰「皇孫、雖隔八重之隈、冀時復相憶而勿棄置也。」因教之曰「以此鉤與汝兄時則稱『貧鉤、滅鉤、落薄鉤。』言訖、以後手投棄與之、勿以向授。若兄起忿怒、有賊害之心者、則出潮溢瓊以漂溺之。若已至危苦求愍者、則出潮涸瓊以救之。如此逼惱、自當臣伏。」

簡単な解説

貧鉤(まぢち)・滅鉤(ほろびち)・落薄鉤(おとろへち)

意味は、貧しい釣針、滅びる釣針、衰える釣針でしょう。呪詛ですね。

隼人の儀式の謂れ

このようにして、その珠と釣針とを受け取った彥火火出見尊は、元の宮殿に戻りました。

そして、海神の教えの通りに、まずは釣針を兄に渡した。しかし、兄は怒って受け取りませんでした。そこで、弟の彥火火出見尊が潮溢瓊を取り出すと潮が満ちてきたものですから、兄は当然ながら溺れます。

兄が、

「あなたに仕えて家来になります。どうか助けてください。」

と請い願いました。

弟が潮涸瓊を取り出すと潮は自然と引き、兄は助かりました。

しばらくして、兄は前言をひるがえして、

「私はおまえの兄だ。どうして兄として弟に仕えることができようか!」

と言いました。

そこで弟は潮溢瓊を取り出すと、兄はこれを見て高い山に走り昇りましたが、潮は山もまた沈めました。高い木に登れば、潮は木もまた沈めました。

とうとう兄は追い詰められて逃げ場もなくなり、罪を認めて、

「私は間違っていました。これから後は、子孫の続く限り、あなたの芸人となります。[ある話では、狗人(いぬひと)』といいます。]どうか、憐れんでください。」

と申し上げました。そこで、弟が再び潮涸瓊を出すと潮は自然と引いていきました。

このようにして、弟には不思議な神徳があることを知った兄は、弟の家臣となりました。

こういう訳で、兄の火酢芹命(ほのすせりのみこと)の子孫の隼人諸族は、今に至るまで天皇の宮殿の垣根を離れることなく、代々、犬の吠える声で奉仕しているのです。

また、世の人が「失った釣針の返済は求めない」というのはこれが起源です。

原文

時彥火火出見尊、受彼瓊鉤、歸來本宮。一依海神之教、先以其鉤與兄、兄怒不受。故弟出潮溢瓊、則潮大溢、而兄自沒溺。因請之曰「吾當事汝爲奴僕。願垂救活。」弟出潮涸瓊、則潮自涸而兄還平復。已而兄改前言曰「吾是汝兄。如何爲人兄而事弟耶。」弟時出潮溢瓊、兄見之走登高山、則潮亦沒山。兄緣高樹、則潮亦沒樹。兄既窮途、無所逃去、乃伏罪曰「吾已過矣。從今以往、吾子孫八十連屬、恆當爲汝俳人。一云、狗人。請哀之。」弟還出涸瓊、則潮自息。於是、兄知弟有神德、遂以伏事其弟。是以、火酢芹命苗裔、諸隼人等、至今不離天皇宮墻之傍、代吠狗而奉事者矣。世人不債失針、此其緣也。

簡単な解説

狗人(いぬひと)

十段本文では、隼人が溺れた仕草で舞い踊る「隼人舞」の起源について述べていましたが、この書では隼人の宮廷での仕え方について解説しています。

隼人は体力的に強いため、宮廷の守衛の仕事をしていました。

そして、宮廷の門の両側に立ち、出入りする人々が通るたびに、犬が吠えるような声を出したそうです。犬の吠える声には厄払いの呪力があると信じられていたようですよ。

入り口の両サイドに犬?

神社の狛犬はこれが起源かも。。。

スポンサーリンク