日本書紀

日本書紀(にほんしょき)は、日本に伝存する最古の「正史」で、六国史の第一にあたります。古事記は正史ではないのです。

舎人親王らの撰で、養老4年(720年)に完成しました。内容は、神代(神話)から持統天皇の時代までを扱い、全部で30巻あります。

漢文で記述されているため、中国を意識した正史ではないかともいわれています。

古事記には序文があり、編纂の経緯がわかるのですが、日本書紀にはその序文に相当するものがありませんので、日本書紀の成立経緯についての記載はないのです。

ただ、後に成立した『続日本紀』の中で日本書紀成立の記事が登場します。

養老4年5月癸酉条に、

「以前から、一品舎人親王、天皇の命を受けて『日本紀』の編纂に当たっていたが、この度完成し、紀三十巻と系図一巻を撰上した。(系図一巻は、失くなってしまった)」

とあり、この「日本紀」が日本書紀であるとされています。

逆に、別の公文書に登場することで、日本書紀の成立年代は明確に実証されたというわけですね。

そういう意味では、古事記は実証されていないということになります。

巻第一 神代上

巻第二 神代下

巻第三~巻第十 

日本武尊紀は、景行天皇紀の中に含まれているのですが、人気が高いので切り分けました。なので、本来なら、景行天皇①~⑦-日本武尊①~⑦-景行天皇⑧という順番になります。

巻第十一~巻第十六

巻第十七~