古事記|海幸・山幸①|道具の交換、失われた釣り針

スポンサーリンク
目次

釣り針を返せ!

兄の火照命(ホデリの命)は海佐知比古(=漁師)として、海の大小の魚を獲り、弟の火遠理命(ホヲリの命)は山佐知比古(=猟師)として、いろいろな獣(けもの)を獲って暮らしていました。

ある時、弟の火遠理命が、兄の火照命に、

ヤマサチ

それぞれの道具を取り替えてみようよ。

と三回お願いしても断られていたのですが、やっと、わずかな間だけ交換してくれることになりました。

弟は、意気揚々と釣針で魚を釣ろうとしましたが、一匹も釣れず、挙句の果てには兄の大切な釣針を海で無くしてしまいました。

数日後、兄の火照命が

ウミサチ

弓矢も釣針も、道具なんてのは慣れた者が使ってこそ、山の幸や海の幸が獲れるってなもんだよ。そろそろ元に戻そうぜ。

と自分の釣針を求めると、弟の火遠理命は

ヤマサチ

実は、、、
お兄さんの釣針で魚を釣ろうとしんだけど、一匹の魚も釣れず、おまけに釣針を海で失ってしまったんだ。
ごめん。。。

と、正直に答えました。

しかし、兄は自分の釣針をどうしても返せと譲りません、

弟は自分の十拳剣をつぶして五百本の釣針を作って差し出しましたが、受け取ってもらえず、一千本の釣針を作って償おうとしても受け取ってもらえません。

兄は、どうしても自分の釣針が欲しいと言い張るのみです。

塩じいさんが教えてくれた

困った弟の火遠理命が泣き悩んで海辺にいると、塩椎神(シオツチの神)が来て尋ねました。

シオツチ

虚空津日高(そらつひこ=天孫の御子)様。
なにをそんなに泣いておられるのですかな?

ヤマサチ

私と兄さんとで道具を交換しんだけどさあ、兄さんの道具の釣針を失くしてちゃったんだよね。
沢山の釣針をつくって許してもらおうとしたんだけど、受け取ってくれなんだ。
どうしても自分が持っていた釣針を返せと言ってきかないだ。
泣きたくなるよ。

シオツチ

ほっほー。そうなんですね。
では、私があなた様のために良いことを教えてしんぜましょう。

と言って、竹で編んだ小舟を造り、その船に乗せて、こう教えてくれました。

シオツチ

私がこの船を海に押し出しますから、しばらくそのまま進むに任せてください。
そのうちに、いい潮路がありますから、その流れに乗って進んでください。
そうすると、魚の鱗のように屋根を葺いた宮が見えてくるはずです。
その宮が、海の神「綿津見大神」の宮です。
門に着いたら、すぐ横にある井戸のそばに桂の木があります。
その木の上にいれば、綿津見神の娘が見つけて、うまくやってくれるでしょう。

簡単な解説

漁師と猟師

邇邇芸命という天孫の子供たちは、成長して漁師と猟師になっていますね。地上で最も貴い神の御子が、、、です。別にいいんですけどね。

お話としては、とてもダイナミックな転換。起承転結の「転」でしょうか。「結」が楽しみになります。

佐知

佐知は「道具」という意味ですが、「幸」(獲物)という意味もあるようです。まさに、山海の幸(佐知)ですね。

塩椎神(シオツチの神)

日本書紀では塩土老翁(しおづちのおじ)という名で登場します。

「シオ=潮、ツ=の、チ=神霊」で、潮の神霊です。潮流を司る神となりましょう。だから、潮路に乗って、、、と教えたんですね。

虚空津日高(そらつひこ)

父である邇邇芸命は「天津日高」。天で生まれた日神の子というような意味で、天照の嫡流という意味にもなります。

その御子の火遠理命が「虚空津日高」と呼ばれています。

虚空(そら)は、天と地の中間。天上でもなく、地上でもないところで生まれた日の神の子と言った意味になります。

よくわかりませんよね。

想像ですが、もともとの伝承では、邇邇芸命が天上から地上へ降りる途中で生まれた子だったのかも。なんてね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる