倭建命②|熊曾征伐と出雲征伐

スポンサーリンク

熊曾建征伐

現代語

小碓命は、姨(おば)の倭比賣命(やまとひめの命)の衣装をもらい、剣を懐に忍ばせて、熊襲の誅殺に出かけました。

熊曾建の家が見える場所に着くと、家を兵士が三重に取り囲んでおり、中では、ちょうど新築祝いの準備をしているところでした。

そこで、小碓命は新築祝いが始まる日を待ちました。

祝いの日、小碓命は、童女の髪型にして、倭比賣命(やまとひめの命)からもらった衣装に着替えて少女になりすまします。そして、他の女に取り紛れて、熊曾建の家の中に入り込みました。

熊曾建の兄弟二人は、小碓命が女装した童女を見て、可愛く思い、二人の間に座らせ、盛大に盛り上がりました。

小碓命は、宴たけなわになったところを見計らって、懐から剣を取り出し、兄の熊曾の襟首を掴み、胸を一突きに突き殺しました。

弟建(おとたける)はそれを見て、恐れをなして逃げ出します。

しかし小碓命は、部屋の階段まで追い詰めて、背中を掴んで剣を尻から刺し通しました。

弟建が、

「刀を動かさないでください。お話があります。」

と言ったので、手を止めて押し伏せました。

そこで、弟建が、尋ねました。

「あ、あ、あなた様は、どなたですか?」

「俺は、纒向之日代宮(まきむくのひしろのみや)に都を定めて、大八嶋國(おほやしまのくに)を治められておられる大帶日子淤斯呂和氣天皇(おほたらしひこおしろわけのすめらみこと)の子の倭男具那王(やまとおぐなの皇子)である。」

「おまえら熊曾建二人は従わず、無礼だから、平定して来いとの詔を受け、ここまでやってきたのだ!」

と答えました。

すると、弟建が

「そうでしたか。西の国では我々二人より強いものはおりませんが、大倭國には我々より強い方がおられましたか。。。

ならば、吾が名を差し上げますので、今より後は倭建御子(やまとたけるの皇子)とお名乗りください」

と言いました。

その言葉を聞くや否や、小碓命は、熟した苽を切るように弟建を切り殺しました。

この時より、その名を称えて、倭建命(やまとたけるの命)となりました。

倭建命は、都に戻られる途中でも、山神・河神・穴戸神を平定して帰ってきました。

原文

爾小碓命、給其姨倭比賣命之御衣御裳、以劒納于御懷而幸行。故、到于熊曾建之家、見者、於其家邊軍圍三重、作室以居。於是、言動爲御室樂、設備食物。故遊行其傍、待其樂日。

爾臨其樂日、如童女之髮、梳垂其結御髮、服其姨之御衣御裳、既成童女之姿、交立女人之中、入坐其室內。爾熊曾建兄弟二人、見感其孃子、坐於己中而盛樂。故臨其酣時、自懷出劒、取熊曾之衣衿、以劒自其胸刺通之時、其弟建、見畏逃出。乃追、至其室之椅本、取其背皮、劒自尻刺通。

爾其熊曾建白言「莫動其刀、僕有白言。」爾暫許、押伏。於是白言「汝命者誰。」爾詔「吾者坐纒向之日代宮、所知大八嶋國、大帶日子淤斯呂和氣天皇之御子、名倭男具那王者也。意禮熊曾建二人、不伏無禮聞看而、取殺意禮詔而遣。」爾其熊曾建白「信、然也。於西方、除吾二人無建強人。然於大倭國、益吾二人而、建男者坐祁理。是以、吾獻御名。自今以後、應稱倭建御子。」是事白訖、卽如熟苽振折而殺也。故、自其時稱御名、謂倭建命。然而還上之時、山神・河神・及穴戸神、皆言向和而參上。

簡単な説明

熊襲建

九州の南部、肥後国球磨郡:今の熊本県人吉市周辺から、大隅国曽於郡:今の鹿児島県霧島市周辺にかけて居住した部族。ヤマト王権に抵抗していたようです。

倭比賣命(やまとひめの命)

11代垂仁天皇の皇女で、伊勢神宮の初代斎宮です。天照大御神の依代となって各地を巡行し、五十鈴川の畔にたどり着きました。大変なご苦労をなさった姫です。

天皇は小碓命に死んでもらいたくて派遣したのですが、今回、倭比賣命は小碓命を助けました。いいのでしょうか。

 

出雲征伐

現代語

次に倭建命は、出雲建の誅殺のために出雲国に向かいました。

どんな手で誅殺しようかと考えた結果、まずは、友達になることにしました。

そして、親しくなったころ、倭建命は、赤檮(いちい)の木刀を作り、それを腰に差して、出雲建を誘って肥河(ひのかわ)に水浴びに行きました。

倭建命が、先に河から上がり出雲建の刀を差します。後から上がった出雲建が差した刀は、倭建命が差してきた赤檮で作った木刀です。

そこで、倭建命が「いざ勝負!」といいました。

互いに太刀を抜こうとしましたが、当然のことですが、出雲建は本身を抜くことができません。たやすく倭建命が出雲建を打ち殺しました。

そこで詠んだ御歌は、

 

出雲建の身に付けていた太刀は、葛をたくさん巻いていただけで、中身が無くて気の毒なことよ

 

このように、出雲を平定して、天皇に報告されました。

原文

卽入坐出雲國、欲殺其出雲建而到、卽結友。故竊以赤檮、作詐刀爲御佩、共沐肥河。爾倭建命、自河先上、取佩出雲建之解置横刀而、詔「爲易刀。」故後、出雲建自河上而、佩倭建命之詐刀。於是、倭建命誂云「伊奢、合刀。」爾各拔其刀之時、出雲建不得拔詐刀。卽倭建命、拔其刀而打殺出雲建。爾御歌曰、

夜都米佐須 伊豆毛多祁流賀 波祁流多知 都豆良佐波麻岐 佐味那志爾阿波禮

故、如此撥治、參上覆奏。

簡単な解説

特に、ございませんが、倭建命は、ずる賢いやつだと思いましたね。

スポンサーリンク

倭建命

Posted by リョウ