31代用明天皇

スポンサーリンク

用明天皇の宮・后妃皇子女

現代語

沼名倉太玉敷命の弟の橘豐日命(たちばなのとよひのみこと)が池邊宮(いけのへのみや)に都を定めて天下を治められたのは3年でした。

天皇が稻目宿禰大臣(いなめのすくねのおほおみ)の娘の意富藝多志比賣(おほぎたしひめ)を娶って生まれた御子は、

  • 多米王(ためのみこ)

の一柱でした。

庶妹の間人穴太部王(はしひとのあなほべのひめみ)を娶って生まれた御子は、

  • 上宮之厩戸豐聰耳命(うえのみやのうまやとのとよとみみのみこと)
  • 久米王(くめのみこ)
  • 植栗王(ゑくりのみこ)
  • 茨田王(まむたのみこ)

の四柱でした。

當麻の倉首比呂(くらのおびとひろ)の娘の飯女之子(いひのこ)を娶って生まれた御子は、

  • 當麻王(たぎまのみこ)
  • 須加志呂古郎女(すがしろこのいらつめ)

の二柱でした。

天皇は丁未年四月十五日に崩御されました。御陵は石寸掖上(いはれのわきのかみ)にありましたが、後に科長中陵(しながのなかのみささぎ)に改葬申し上げました。

原文

弟 橘豐日命 坐池邊宮 治天下參歲 此天皇 娶稻目宿禰大臣之女 意富藝多志比賣 生御子 多米王 一柱 又娶庶妹間人穴太部王 生御子 上宮之厩戸豐聰耳命 次久米王 次植栗王 次茨田王 四柱 又娶當麻之倉首比呂之女 飯女之子 生御子 當麻王 次妹須加志呂古郎女 此天皇 丁未年四月十五日崩 御陵在石寸掖上 後遷科長中陵也

簡単な解説

池邊宮(いけのへのみや)

場所は特定されていないようですが、桜井市の吉備池周辺か、同じく桜井市東池尻の古池周辺といわれています。

稻目宿禰大臣(いなめのすくねのおほおみ)

蘇我稲目です。蘇我馬子の父親ですね。

上宮之厩戸豐聰耳命(うえのみやのうまやとのとよとみみのみこと)

聖徳太子です。お名前が凄いことになっています。

河内磯長原陵

大阪府南河内郡太子町の「王陵の谷」こと磯長谷にある「春日向山古墳」が、用明天皇の御陵「磯長原陵」に治定されています。

方墳です。

古墳時代が終わりかけのこの頃から、天皇の陵として方墳が採用されることが多くなってきます。

さて、ここに改葬される前の、石寸掖上(いはれのわきのかみ)にあったとされる「磐余池上陵」の場所は特定されていません。

桜井市の池之内あたりだと思われます。少なくとも河内国ではないでしょうね。

スポンサーリンク